さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

フエダイ【笛鯛】釣りの仕掛け編

食味の良さ、引きの強さから西日本以南で人気!

【釣りやすさ】★★☆☆
【釣り場とシーズン】


フエダイ釣りのシーズンは、産卵で浅場にやってくる初夏~秋。産卵で乗っ込んでくるのは岩礁交じりの砂浜なので、堤防でも磯でも周囲が岩礁交じりの砂地帯になっていることが釣り場選びの基本となる。できるだけ水深があるほうが有利なため、沖磯や沖堤防で釣る人も多い。暑い時期が釣りシーズンとなるため、いずれも夜釣りで楽しむ人が大半だ。産卵後、深場に落ちたフエダイは、船からのジギングやテンヤ釣りなどでも狙える。

【投げ釣り】

竿は強めの磯竿、仕掛けはタマンバリを使った捨てオモリ式で、食い込みのよさを重視した中通し式が基本。根掛かりの多い釣り場では、一本バリ仕様、あるいは胴付き仕掛けも多用される。付けエサは冷凍キビナゴ、サンマやサバの切り身、冷凍エビなど。
根まわりなどのポイントに仕掛けを投入したら、置き竿でアタリを待つ。竿を大きく絞り込むアタリが出たら、ひと呼吸置いてからアワセを入れ、根に入られないようにゴリ巻きで寄せてくる。

【ウキフカセ釣り】

基本的に夜釣りとなるため、電気ウキをセットした仕掛けを使用する。付けエサは、オキアミや冷凍エビ、キビナゴ、コマセはイワシミンチなどを用意。


↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.