さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

カンモンハタ【関門羽太】釣りの仕掛け編

リーフで手軽に狙える、ルアーマンに人気のロックフィッシュ。

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】


リーフの浅場で、ルアーやフライフィッシングで楽しめる手軽なターゲットである。ただし、沖縄や奄美諸島などでは近年個体数が減っているとされるので、リリースするなど資源の保護に努めたい。また、活きたサンゴを傷つけないよう十分な配慮も必要だ。


リーフエリア、ゴロタ場、小磯などを好んで棲息する。

【ルアー釣り】

ロッドは長さ6フィート程度、ラインはやや太めのナイロンかフロロを使用。ルアーは、2インチ前後のワームとジグヘッドの組み合わせが使いやすい。また、活性が高い状況ではミノーにも果敢にアタックしてくる。サイズは8cm前後が標準だ。
基本的にロングキャストは無用で、足元付近の浅場にルアーをゆっくりと引いてくるだけで食ってくる。

【フライ釣り】

フライで狙う場合は、クレイジーチャーリーなどのキールパターン(ハリ先が上を向いたタイプ)を使うと根掛かりが減る。タックルは、4番前後のライトなロッドと水面に浮かぶフローティングラインで十分に対応可能だ。リーフのきわや溝などをスローリトリーブで誘ってみよう。


↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.