さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

イシガレイ【石鰈】釣りの仕掛け編

投げ釣りの人気ターゲットだが、ボートや船から狙う方法も。

【釣りやすさ】★★
【釣り場とシーズン】


関東~西日本でカレイ釣りといえば、イシガレイとマコガレイを指す。どちらかというと関東ではマコガレイ、東北・北陸・瀬戸内ではイシガレイがメイン。
堤防や岸壁からの投げ釣りのほか、ボート、船からも狙える。
カレイの沖釣りは冬に本番を迎える。関東地方では茨城県・鹿島エリアがマコガレイ交じりで数・型ともに狙える釣り場として人気がある。

【投げ釣り】

投げ釣りは、数本の竿を置き竿にしてアタリを待つスタイルが一般的。

25〜30号,4m前後の投げ竿に、仕掛けはテンビン仕様の吹き流しとして、ハリスにはビーズやパイプなどの各種の装飾を施すと効果的だ。装飾のないシンプルな仕掛けを使う場合は、マメにサビいて付けエサをアピールしてやるとよい。
付けエサは、イワイソメの通し刺し、あるいはアオイソメやコガネムシをたっぷりと房掛けにする。

アタリは時合いが変わると急に出るので、とにかく有望なポイントで粘ることが大切だ。小さな群れで行動するので、1尾でも釣れたらその付近を重点的に狙ってみよう。

【沖釣り】

イラストは東京湾の仕様。沖釣りでは小突きのテクニックを多用するため、竿は軽量なライトゲーム用のものが楽しめる。仕掛けはテンビン仕様の2〜3本バリが基本。ハリスにはビーズやパイプ類を付けてアピールさせるのが人気だが、装飾をしないシンプルな仕掛けを好むベテランも少なくない。
大型が望める地域では、幹糸、ハリのサイズともにもっと強いものにすることもある。
付けエサはアオイソメの房掛け、アオヤギやホッキガイの切り身などを使用する。

釣り方の基本は、海底での小突き。これを繰り返すことで、イシガレイが仕掛けに興味を持ち、付けエサに食ってくる。小突きの幅は海底から10㎝ほどで、一秒間に2回程度繰り返して海底に砂埃を上げるイメージだ。数秒誘ったら、食わせの間や聞きアワセを入れつつ、アタリを取っていく。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.