さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

エゾイソアイナメ【蝦夷磯鮎並】釣りの仕掛け編

東北で人気の魚。堤防からの足下狙いで釣るのがお手軽。

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】


エゾイソアイナメは東北ではメジャーな対象魚で、堤防や岸壁などからの投げ釣りや穴釣り、船からの沖釣りなどが盛んに行われている。
ほぼ一年中釣れる魚だが、大型が岸寄りに回遊してくる冬は、食味の旬とも重なるベストシーズンだ。

【堤防釣り(ブラクリ仕掛け)】

手軽に楽しむなら、下図のような仕掛けを使った堤防釣りがお勧めだ。
使用タックルは万能竿やルアーロッドなどでよく、仕掛けはブラクリ仕掛けのほか、丸オモリ+短ハリス仕様が使いやすい。ブラクリの場合は2〜5号程度、短ハリ仕様の場合は、ハリは丸セイゴの12号前後で、カエシをプライヤーで潰しておくと手返しが早くなる。オモリも底を取れる範囲でできるだけ軽いものを使うと、根掛かりしにくい。
付けエサはイソメやオキアミ、サンマの切り身、冷凍コウナゴなど。
夜に活性の上がる魚なので夕まづめから夜にかけての釣りが有利だが、場所や状況によっては日中でも十分に楽しめる。堤防のヘチやケーソンの継ぎ目、ブロックの隙間などに仕掛けを落とし、底ダナを探るのが基本。アタリが出たら即アワセで、根から魚を引き離そう。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.