“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ギマ【銀馬・擬麻】釣りの仕掛け編

東海地方では、強烈な引きと食味が人気のユニークなターゲット

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

東海地方では人気のある釣魚で、とくに浜名湖や三河湾、伊勢湾などでは比較的ポピュラーなターゲットである。関東などでは専門に釣っている人はまれだが、東京湾内でも投げ釣りなどのゲストとして見かけることが増えてきた。
ギマ釣りの盛んな浜名湖周辺では、産卵前の5月頃にギマの群れが湖内へ入ってくるが、産卵が終わるとまた沖へ出ていてしまうため、湖内では産卵期以外の季節に釣れることはほとんどないという。

ボート釣りと陸釣りの両方が楽しめ、陸からは投げ釣りのほか、足元の水深がある場所ではヘチ釣りや前打ち(クロダイ釣りのページ参照)で狙うのも一興だ。この場合は、ヘチ竿や前打ち竿などに軽めの仕掛けを組み合わせて、微妙なアタリを取っていく。

どのような釣り方の場合でも、ギマは引きが意外と強烈なので、無理をせずにじっくりと寄せてこよう。体表がネバネバしているので、メゴチバサミがあるとハリをはずす際など手が汚れずに便利。

 


釣りのターゲットになるほど棲息数が多いのは東海地方。浜名湖、三河湾、伊勢湾などが人気の釣り場。

【沖釣り】

イラストはスピニングリール仕様だが、カワハギ用の竿と両軸リールの組み合わせでもOK。仕掛けも胴付き仕様のほか、テンビン吹き流しでもよい。東海エリアの釣具店では、ギマ専用の仕掛けも売られている。
付けエサは、三河湾では冷凍エビの切り身やアサリのむき身、浜名湖ではアオイソメなどの虫エサが主に使われている。

エサ取りが上手な魚なので、小さなアタリを見逃さずにアワセを入れていきたい。大きな群れが回遊してくるとバタバタと釣れるため、それまでは置き竿でじっくりと待つのも方法だ。

 

【投げ釣り】

投げ釣りの場合は、遊動式のテンビンにシロギス用の吹き流し式の仕掛けをセットし、イソメエサで狙う。ハリは吸い込みのいい流線やキス用などがお勧めだ。
イラストのタックルは投げ釣り用だが、チョイ投げの場合はルアー用のロッドでも使える。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.