さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

トウゴロウイワシ【藤五郎鰯】釣りの仕掛け編

外道扱いされがちだが、数釣りできて意外と楽しい!

 

【釣りやすさ】★★★★

【釣り場とシーズン】


トウゴロウイワシは、比較的潮通しのよい磯場や堤防などから釣ることができる。また、エリアによっては河口周辺の汽水域でも大きな群れが見られる。季節的には一年中釣れるが、水温が高くなる初夏~秋が釣りやすい。

【サビキ釣り】

釣り方は、カタクチイワシなどと同様にサビキ釣りで狙う。仕掛けは一般的な魚皮やスキンのサビキでよいが、ハリは小さめのタイプを使用するとハリ掛かりがよくなる。また、サビキ仕掛けで食いが悪いときには、トリック仕掛けを使うのも有効。
上~中層を泳ぐことが多い魚なので、リール竿でも良いが、渓流竿などを使うと軽快に楽しめる。
解凍したアミコマセをヒシャクで少しずつ足元に撒いて群れを寄せ、群れが寄ってきたら少量のコマセを撒き続け、その中に仕掛けをおろしていく。それを視認しながら釣ると効率がいい。トリック仕掛けを使う場合は、ハリにアミコマセを擦りつけてから海中に仕掛けをおろす。

【5枚セット】オーナー(OWNER)アミエビ実寸サビキ ピンクキジ 3号/ハリス0.4号

価格:1,454円
(2020/5/16 16:40時点)
感想(0件)


↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.