“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ケンサキイカ【剣先烏賊】釣りの仕掛け編

青森以南に広く棲息し、各地で人気のターゲット。沖釣りがメイン

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

ケンサキイカは青森県以南に広く棲息するイカで、各地で人気のターゲットになっている。関東エリアや伊豆諸島では、遊漁船の数も多いが、レンタルボートやマイボートで楽しむ釣り人も多い。シーズンは、主に初夏から晩秋。

釣り方としては、「スッテ」と呼ばれる擬餌バリを使った船釣りが人気。同じスッテ仕掛けでも、イカのサイズや狙う水深、好みに応じていくつかのバリエーションを使い分ける。産卵期近くになると浅場にやってくるので、エギなどを使って磯や防波堤からでも狙える。


各地で遊漁船も多く出ているが、レンタルボートやマイボートで、マイペースで楽しむのもいい

【沖釣り(ブランコ仕掛け)】

沖釣りで主に使われるのはスッテを5~6本使った胴付き仕掛けで、長さ20〜25cmほどの枝ハリスを介したブランコ仕掛けが基本となる。
スッテのサイズは、小型の「マルイカ」狙いで5~7㎝が目安。この場合の配色が悩みどころだが、赤帽、茶、黄、紫、赤線、緑などを使うのが一般的。裏ワザとして、2.5号程度の小型エギ(ピンクやオレンジ)を1本混ぜる方法もある。つねに誘いを入れる釣りなので、タックルは軽快なゲーム用が使いやすい。

船長の合図と同時に仕掛けを投入し、海底まで到達したら1~2mほど仕掛けを巻き上げて、ゆっくりと竿を上下させて誘いを入れる。竿先にイカの乗りを感じたら、一定のスピードでリールを巻いてくる。

【沖釣り(直ブラ仕掛け)】

浅場のマルイカ釣りでは、「直ブラ」と呼ばれる枝ハリスを極端に短くした仕掛けで、スッテにリズミカルに誘いを入れて釣る方法が人気となっている。竿先の動きがダイレクトにスッテに伝わり、よりテクニカルな釣りが楽しめる。

枝ハリスの長さは1㎝が基本で、幹イトとは直結するかクロスビーズを使用する。スッテのカラーは、赤白、茶、ケイムラなどを基本とし、状況に応じてピンクや黄などを混ぜる。この仕掛けでも誘いは必須となるので、ゲーム用タックルを使うのがお勧めだ。

【沖釣り(アカイカ仕掛け)】

中〜大型の「アカイカ」を狙う時は、マルイカ狙いよりも全体的に強い仕掛けを使用する。幹イトやハリスは、イトさばきをよくするためにも太めを使うとよい。サルカンも大きめのものにしておくと、中オモリ的な役目となって仕掛けが扱いやすくなる。ミチイトと仕掛けの間に、集魚用の水中ライトをセットする方法もある。クッションゴムを使う人もいるが、竿先が軟らかめなら無用だ。スッテのサイズは、10㎝程度が目安。

【エギング】

ケンサキイカは、初夏になるとエサの小魚を追って接岸してくるので、アオリイカ同様のエギングで堤防や磯から狙える。
広範囲のポイントを手返しよく釣るために、エギのサイズは3~4号とやや大きめを選ぶ。カラーはオレンジとピンクが定番だ。エギの代わりに鉛スッテを使う人もいる。

ケンサキイカは海底から海面付近まで幅広いタナを泳ぐので、その日のアタリダナをいち早く発見することが大切。エギのシャクリ方は、小刻みでクイックなダートが基本で、単なる棒引きで乗ってくることも少なくない。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.