“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

オニカサゴ【鬼笠子】釣りの仕掛け編

引きの強さで人気。房総から伊豆、伊勢湾などで実績が高い

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】

オニカサゴは本州中部以南に広く棲息しているため、九十九里、外房、南房、三浦半島、伊豆半島、相模湾などで乗合船が出ていて実績が高いが、関東以南であればどこでも釣れる可能性はある。現状では関東エリアでの人気が高いが、伊勢湾や日本海側の富山湾などでも実績が上がっている。
秋からの釣りものにしている船宿が多いが、実際は一年中釣ることが可能だ。

 


各地で秋〜冬に乗合船が出ているが、やや浅場にいる夏も意外と釣りやすい

【沖釣り】

オニカサゴは深場に棲息するので、船からの底釣りで狙う。イラストのようなテンビンを使った吹き流し仕掛けが多いが、胴付き仕掛けを使う場合もある。
エサはサバやサンマの短冊などのほか、イイダコやアナゴなども使われる。

カサゴ類の多くは水圧の変化に弱く、巻き上げの途中で浮き袋が膨張してダウンしてしまうが、オニカサゴは水圧変化に強く、最後まで強烈なファイトを楽しませてくれるのが魅力だ。

なお、オニカサゴの成長は非常に遅く、個体数の多い魚ではないので、同じポイントで根こそぎ釣り上げてしまうと枯渇してしまう。小型の個体が釣れたときは、できるだけリリースするように心がけたい。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.