“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

カミナリイカ【雷烏賊】釣りの仕掛け編

エギに好反応のコウイカの仲間。堤防などで気軽に楽しもう!

【釣りやすさ】★★★★
【釣り場とシーズン】

カミナリイカの主な釣り場は、比較的水深がある砂地底の岸壁や堤防など。エサとなる小魚や甲殻類などが豊富なエリアなら、より有望な釣り場となる。好シーズンは春と秋で、エリアによっては真冬でも釣ることができる。日中でも狙えるが、夕まづめ以降になると活性が上がってより釣りやすい。スミイカシリヤケイカなどと同様に、エギやスッテなどで釣るのが一般的だ。
沖釣りでも楽しめ、スッテ仕掛け、中オモリを使ったエギ仕掛け(アオリイカのシャクリ釣りと同様)などで狙うことができる。

 

 


主なシーズンは春と秋で、夕まづめ以降が活性があがりやすいが、日中でも狙うことはできる

【エギング】

カミナリイカを岸から狙う方法はいろいろあるが、もっとも手軽なのはアオリイカ釣りと同様のエギングのスタイル。

ロッドはエギング専用のほか、ライトな投げ竿や磯竿、バスロッドなどでも代用できる。ラインは感度に優れるPEラインを使用。エギの種類はアオリイカ狙いほどシビアではなく、オレンジとピンクカラーを用意しておけばよい。サイズは水深や潮の速さに応じて、2.5~3号を使い分ける。深場のポイントでは、エギの鼻先のスナップにナス型オモリをセットすると、底取りが容易になる。

釣り方は、エギをキャストして確実に着底させ、2~3回シャクリを入れてエギの存在をアピールさせる。あとは、エギを着底させた状態でズル引きしてくるのが基本だ。途中でシャクリを入れて、周囲のイカたちにエギを再アピールさせるのも効果的。

【スッテ釣り】

水深のある岸壁や堤防では、足元までカミナリイカが回遊してくる。この場合は、スミイカ用のスッテをセットした胴付き仕掛けを使うと効率よく釣ることができる。

ロッドは、穂先が柔軟なライトリグ用のバスロッドやメバルロッド、シロギス竿などを使うと微妙な乗りをキャッチできる。ただし、竿のバットはある程度のパワーがあったほうがアワセは利きやすい。スッテは、スミイカ用のカンナの大きなタイプがお勧め。

釣り方は、仕掛けを足元に落として着底させたら、そのままラインを張った状態でアタリを待つだけ。竿先がじわりと微妙に曲がったときはスッテにイカが乗った合図なので、しっかりと竿を立ててアワせよう。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.