“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

コトヒキ【琴弾・琴引】釣りの仕掛け編

堤防や河口などで狙えるお手軽ターゲット。ルアーへの反応も良い

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

近海性の浅海魚である本種は、河口域や内湾に好んで棲息しているため、岸釣りで手軽に狙える。ポイントは、波の穏やかな河口、堤防、漁港など。エサ、ルアー、フライと、多彩な釣り方で狙えることも魅力。

 

 


河口や内湾などを好むため、岸からの釣りで手軽に狙える

【サビキ釣り】

堤防や河口域の浅瀬などでは、ノベ竿を使ったウキ釣りで手軽に楽しめる。

ノベ竿は、軽量な渓流竿の4.5m前後のものが扱いやすいが、ポイントへの距離や足場の高さに応じて5m前後の竿が必要になることもある。ウキは感度に優れるオイカワ用などの発泡ウキがお勧めだが、通常の脚付きの玉ウキでも十分だ。オモリは、ガン玉や板オモリを使用。浮力調整が容易なのは板オモリだが、ガン玉でもよい。付けエサは、アミエビやアオイソメなどがよく使われる。

ウキ下は水深やタナに合わせて調整し、適宜、アミコマセなど撒いて群れを寄せてから釣りを開始しよう。

 

【ルアー釣り】

コトヒキは好奇心旺盛で、ルアーにも果敢にアタックしてくる。群れている場合は、1匹ヒットすると、つぎつぎとおもしろいように釣れてくる。
タックルはメバル用やトラウト用、軟らかめのブラックバス用のロッドなどでも代用できる。ラインは、ナイロン4ポンド前後の直結でよい。

ルアーはミノープラグやジグヘッド+ワームが一般的だが、スプーンやスピナーなど多彩なルアーで狙えるのが楽しい。魚の活性が高い状況なら、迷うことなく5㎝前後のポッパーやペンシルベイトをキャストしてみよう。コトヒキが水面を割って飛び出してくるアタックシーンは最高だ。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.