さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ウマヅラハギ【馬面剥】釣りの仕掛け編

多点バリの胴付き仕掛けで、コマセをきかせて釣ろう!

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】


カワハギ釣りが盛んな関東エリアでは外道扱いされることもあるウマヅラハギだが、瀬戸内海エリアをはじめとする西日本では専用の遊漁船も出ているほどの人気ターゲットである。
シーズン的には夏~秋が釣りやすく、おいしいキモが肥大する冬の低水温時の釣りも人気。


釣りやすいのは、夏〜秋。しかし肝が肥大し、脂ののった冬のウマヅラハギも捨てがたい

【沖釣り】

瀬戸内での沖釣りは関東のカワハギ釣りのスタイルと共通しているが、胴付き仕掛けの下端にコマセカゴをセットして、アミエビの寄せエサを効かせながら釣るのが特徴だ。オモリのサイズは釣り場に合わせよう。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.