さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ボラ【鯔】釣りの仕掛け編

外道扱いされがちだが、意外と釣り味抜群でご当地釣法も豊富

 

【釣りやすさ】★★★★

【釣り場とシーズン】


ボラは外道扱いされやすい魚だが、いざ、狙って釣るとなるとひと筋縄ではいかない相手でもある。釣り方は、全国各地でさまざまな釣法が行われている。

 


全国の沿岸域に棲息しているので、堤防や磯などに回遊してくる

【ウキフカセ釣り】

ボラを狙って釣る場合、その小さなアタリをキャッチするのに苦労させられることが多い。実際、ヘラウキ並に優れた高感度の立ちウキを使用したウキフカセ釣りでボラを狙ってみると、その釣技の奥深さに感激するはずだ。
図の仕掛けは、オキアミエサで底ダナ~中層を狙っていく場合の例。ボラのアタリは想像以上に小さいので、感度に優れた立ちウキを使うことが重要だ。また、ボラは小さなエサを好むため、ハリや付けエサのオキアミも小型のものを選ぶとよい。コマセは比重のあるクロダイ用のものが流用できるが、中層のタナを攻める場合は水分量を多めにしてバラケやすくしてやる。

【カットウ釣り

カットウバリと呼ばれる擬餌バリで、ボラを誘き寄せてハリ掛かりさせるユニークな釣法。ポイントにカットウバリを沈め、竿先で小さく上下させながら誘う。その誘いの微妙な差によって釣果に差が出る奥が深い釣法。
竿は、胴に粘りとパワーのある頑強なものが必須。専用竿は入手困難なので、コイ竿やアユ用のコロガシ竿などを流用するとよい。ただし、穂先のリリアンは強烈な引きで千切れることがあるので、強度のあるケブラーなどに交換しておく。
カットウバリは、市販品にいろいろなタイプがある。また、タコベイトなどで自作することも可能だ。ミチイトは、魚からハリが外れたときに仕掛けが飛んでこないように短めにしておくとよい。

まるふじ 極先カットウカン付フッ素C 狐型4本針 Z-084 (ハゲ掛け ボラ掛け)

価格:484円
(2020/5/17 16:48時点)
感想(0件)

【ぶっこみ仕掛け

コイの吸い込み仕掛けを流用した方法。房総や三浦半島、東海地方などでも使われていて、地域によって仕掛けのバリエーションが異なっている。
これは比較的小型のボラを狙う場合で、竿はライトなものを使っている。70cm超級を狙う場合は、5号の磯竿に7〜8号のミチイトを使う。
コイ用の吸い込み仕掛けを使い、クロダイ用のダンゴエサにハリを埋め込む。

ハリミツ 新紀州鈎 6本針【ネコポス可】(鈎 針 バラ鈎 メジナ グレ チヌ クロダイ 吸い込み 爆弾釣り )

価格:178円
(2020/5/17 16:50時点)
感想(0件)

【吸い込み仕掛け

愛知県の一部で使われている独特の釣法。ノベ竿でのコイ釣りと共通したタックルだが、仕掛けは柔軟性のある吸い込みイトをハリスに使った2本バリで、その間に皿オモリが下がっている。ウキは専用のボラウキを使用。練りエサをポイントに打ち込んで魚を寄せて釣る。仕掛けやエサは地元の釣具店で入手可能。

【風船釣り

遠州灘では、秋~冬のボラを「風船釣り」という方法で狙っている。枝ハリスにシモリウキをセットすることによって仕掛けが海中で風船のように漂い、付けエサがボラにアピールする仕組みだ。この仕掛けは、遠州灘近辺の釣具店で販売されている。
竿は5.3m程度と長めを選ぶことで、荒波でもミチイトが海面に叩かれにくくなる。エサはミミズかアオイソメの房掛け。ミミズを使う場合は、弱るのが早いため、マメに交換することが大切だ。

ボラ風船仕掛【仕掛 波止用セット 魚 釣り フィッシング】

価格:333円
(2020/5/17 16:51時点)
感想(0件)

【フライフィッシング

ボラはフライフィッシングの隠れた人気ターゲットでもある。
ボラの強烈なファイトを考慮すると8番程度のソルト用のタックルがお勧めだが、まずは手持ちのタックルで楽しんでみよう。引きに負けそうなら、次回はより強い道具で再挑戦すればよい。基本的に表層狙いとなるので、リーダーにマーカーをセットしてアタリを取るのもOK。
使用フライは、釣り場の環境や釣り方によって、藻類やアミエビを模したタイプを適宜使い分ける。
釣り方は、流れ込みなどに群れているボラを流れ藻を模したフライで釣る方法のほか、堤防などでエサ釣りで使用するアミコマセを撒いて(チャミング)、アミを模したフライに食わせる方法がある。いずれの場合も、活性の高いボラを探して釣ることがヒットへの近道だ。


↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.