“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ブリ【鰤】釣りの仕掛け編

サイズ・パワー・スピードで釣り人を魅了する人気魚!

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

船釣りのシーズンは初夏~冬。また、夏~秋にかけては磯や堤防付近まで回遊してくるので、岸からでも狙うことができる。

 

 


関東では夏から年内いっぱいがイナダ級の釣りシーズン

【ビシ釣り】

片テンビン仕様のビシ釣り仕掛けが基本。ハリスは、魚の活性が高いときには8号でいいが、食い渋り時には3~4号に落とすこともある。付けエサは、オキアミの抱き合わせが基本で、ブリサイズを狙うときや食い渋るときは3匹房掛けでアピールする。イカの短冊をサンドイッチにする方法も定番だ。食いがよければイカだけでもよい。活性が高いときは夜光玉やシェルビーズなどと、ワーム系のアクセサリーをハリに付けると効果的だ。

釣り方は、指示ダナの3~4m下まで仕掛けを落とし、竿を大きくあおってコマセを拡散させる。続いて、タナまで仕掛けを巻き上げ、コマセを振り出してアタリを待つ。タナボケしないよう、指示ダナはしっかり守ること。ロッドが絞り込まれたら、竿の粘りをフルに活かして魚を浮かせてこよう。

【ジギング

ヒラマサと並んで、ボートジギングでは人気のターゲット。
タックルは、大型回遊魚狙いに対応したジギングロッドと大型スピニングリールの組み合わせ。根の荒いエリアでは、リーダーを長めに接続しておこう。ルアーは、水深や潮流の速さによって、メタルジグの80~200gを使い分ける。根掛かりを回避するためと、バイト時のハリ掛かりをよくするため、アシストフックは必須。メタルジグのカラーは、朝夕のまづめどきはピンク系、それ以外はシルバーやブルーなどナチュラルを使うのがセオリーだ。

釣り方は、指示ダナでジグをシャクって誘うのが基本。ジャーク幅やリーリング速度などは、釣れている人を参考にするのが手っ取り早い。

【ルアー釣り(キャスティング)

オフショアのキャスティングゲームも大人気。とくに、トップウォータープラグを使用したゲームが注目を集めており、そのスタイルは「ブリトップ」などと呼ばれている。鳥山やナブラを追いかけて、射程内で水面でナブラをつくる群れを狙い撃つ、まさに、夏のオフショアのシイラ釣りやマグロ釣りのようなエキサイティングな釣りである。

遠投を必要とするため、タックルはキャスト性能のよい6~8フィートのキャスティングロッドがお勧め。専用ロッドも数々登場しているが、ミディアムクラスのシイラロッドなどでも代用可能だ。リールは、ドラグ性能がしっかりしているものを使用しよう。

【カゴ釣り(ブリッジ仕掛け)

夏、黒潮のぶつかる海岸に回遊してくるワカシやイナダを迎え撃つ仕掛け。これは、岸からの回遊魚釣りの有名釣り場・静岡県片浜海岸で考案されたものである。

表層でボイルするワカシやイナダなどを狙うために、サビキ仕掛けの上下に大型ウキを付けて釣るのがユニーク。ウキは5~10号程度の大型ウキを使用するが、コマセカゴも一体化したものが市販されているので、それを購入するとよいだろう。サビキ仕掛けも市販品で構わないが、ハリ数は3~4本程度に減らしておくとキャスト時に絡みにくくなる。サビキの下側に付けたウキから、さらに一本バリを出す方法もある。

カゴ釣りの要領で仕掛けを遠投し、ロッドをあおってコマセを振り出したらアタリを待つ。ハリ掛かりすると一気にロッドを絞り込むので、落ち着いてリーリングしよう。


 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.