さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ヨロイメバル【鎧目張】釣りの仕掛け編

ムラソイなどと同様、ゴロタ場や小磯で狙える魚

 

【釣りやすさ】★★★☆☆

【釣り場とシーズン】


ヨロイメバルは、ムラソイと同様、ゴロタ場や小磯、堤防の岩礁まわり、消波ブロック帯などで狙うことができる。メバルカサゴよりも棲息数が少ないため狙って釣る人は少ないが、釣り場によっては連発もある。一年中釣れるが、春と秋が狙いやすい。また、夕まづめから夜に活性があがるので、夜釣りも効果的。
釣り方としては、堤防のきわやゴロタ場の岩の隙間などを狙いやすい穴釣り、またはワームを使ったルアーフィッシングがお勧め。


ゴロタ場、小磯などで釣れる。岩の隙間などに潜んでいるので、穴釣りやワームでの釣りが楽しい

【穴釣り】

タックルは、短めのルアーロッドやテトラ竿などが使える。丸オモリに一本バリをセットしたシンプルな仕掛けを使うのが基本だが、ブラクリタイプを使ってもいいだろう。ハリスは、長さ5~8㎝ほどと短くするのが根掛かり回避のコツ。エサはアオイソメの縫い刺しのほか、サンマやイワシの短冊などにも食ってくる。

ルアー釣り

ルアーフィッシングの場合、タックルは6フィート前後のロックフィッシュ用、あるいはバスロッドに小型スピニングリールの組み合わせ。ラインはフロロカーボン、あるいは太めのナイロンを使うと根ズレにも安心だ。2インチ前後のワームを1~3gほどのジグヘッドにセットし、ポイントにダイレクトに落とし込む穴釣り同様の方法で狙うとよい。


↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.