さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

マアナゴ【真穴子】釣りの仕掛け編

夏の沖釣りは東京湾の風物詩。投げ釣りでも狙える

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】


ゴテンアナゴやハナアナゴ、クロアナゴなども釣りの対象魚ではあるが、一般的に専門で狙われるのはマアナゴだ。
釣りのシーズンは初夏〜秋にかけて。夜行性の魚なので、岸からの投げ釣り、沖釣りともに夕方から夜にかけて狙うことが多い。とくに東京湾では、夜のアナゴ釣りは夏の風物詩として根強い人気がある。
アナゴの体表はヌメリに覆われていて非常に滑るので、釣りの際には魚体をつかむためにタオルなどを用意しておこう。


投げ釣りなら、漁港や防波堤などで狙える。近隣の釣具店などで情報を集めよう!

【投げ釣り】

漁港や防波堤からは投げ釣りで狙えるが、底質が砂泥であることが重要。地域によって釣れる時期が違うので、情報を集めてから出かけよう。
竿は投げ竿がベストだが、狙うポイントが近ければ廉価なボートロッドなどでも楽しめる。夜釣りのほうが有利なので、トラブルの少ない仕掛けにするのが大切だ。イト絡みを防ぐために太めのハリスを使い、蛍光パイプでカバーしておこう。さらに、ハリスにケミホタルなどの発光体をつけてアピールするのも方法。
置き竿にするより、適度に誘いを入れたほうがアタリが多くなる。エサはアオイソメを房掛けにするのが基本。

【沖釣り

東京湾では夕刻から出船して夜間に釣る、通称「半夜釣り」が盛ん。ビギナーでも数釣りができるのが魅力だ。
海底をトントンと小突く釣りなので、手バネ竿やシャクリ竿+両軸リールが一般的なタックルだが、シロギス竿などでテンビン仕掛けを軽く投げて、サビいてくる釣り方もある。小突く場合は、オモリが着底したら竿先を上下させてアナゴを誘い、7、8回小突いたら竿をゆっくり上げて、アナゴが乗っていないかどうか確認する。この繰り返しが釣り方の基本だ。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.