さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ムロアジ【室鯵】釣りの仕掛け編

南方系のアジなので、暖かい地域でよく釣れる!

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】

八丈島や新島をはじめとした伊豆諸島の島々や、南西諸島、九州の離島など、暖かい海域ではムロアジ釣りが盛んだ。
ポイントは、潮通しのよい堤防や埠頭、磯場など。ほぼ年中釣れる魚だが、産卵のために接岸してくる5~6月が岸釣りのベストシーズンになる。夏になると「チビムロ」などと呼ばれる小型の数釣りが楽しめるようになる。釣り方はマアジなどと同様にサビキ釣りが一般的だ。
また、マグロ類やハタ類など大物の泳がせ釣りの活きエサとして使われることも多く、この場合は出船してまずエサのムロアジを釣り、それから大物狙いとなるのが一般的だ。


暖かい地域で潮通しのよい場所がポイント。初夏がベストシーズンだ

【ウキサビキ釣り】

足元から深くなっている防波堤などからは、サビキにウキを付けた仕掛けで狙うのが一般的だ。
サビキは、ピンクやホワイトのスキンサビキが定番だが、地域によって釣れるバケに違いがあるので地元釣具店などでアドバイスを受けるとよい。大型が釣れるときは、ハリスを太め(2号程度)にしておこう。
付けエサは不要だが、型のよいムロアジが釣れるときは、付けエサにオキアミを使うほうがよい場合がある。近場で釣れるときは、コマセを切らさないようにして、足元に群れを足止めし数釣りを狙おう。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.