“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ウミタナゴ【海鱮】釣りの仕掛け編

堤防や小磯の人気ターゲット。釣魚の少ない冬場に釣れるのも◎

【釣りやすさ】★★★★☆
【釣り場とシーズン】

棲息数が多いため、堤防でのファミリーフィッシングのターゲットとして人気がある。
また、釣りものが少ない冬期は、専門に狙うベテランの姿もよく見かける。
誰でも簡単に狙える一方、微妙なアタリに悩まされることもあるので、仕掛け作りにはひと工夫が必要だ。

 


内湾の堤防や漁港の岸壁などが好釣り場。群れを視認できることも多い。

【ウキ釣り(玉ウキ仕掛け)】

もっとも基本となる仕掛けは、ノベ竿に玉ウキを使ったもの。竿は渓流竿でも良いし、もっと軟調な清流竿やヘラ竿を使うと、引きが楽しめる。
ウキは足付きの玉ウキをゴム管で固定するか、シモリウキを1個使いする。オモリを調整して、ウキの上面が水面ギリギリに浮くようにすると、アタリが取りやすくなる。ハリは袖バリ、カエシのないヘラスレがお勧めだ。

【ウキ釣り(シモリウキ仕掛け)】

ウミタナゴ釣りならではの仕掛けといえるのが、シモリウキ仕掛け。これは、小粒の玉ウキ(シモリウキ)を3~5個ミチイトにセットするもの。浮力を分散させることで一つひとつのウキの感度が飛躍的に向上し、エサ取り名人ともいわれるウミタナゴの微細なアタリが取りやすくなるのだ。

ウキのサイズは、直径が9~12㎜程度。すべて同じ大きさに揃えてもいいし、上から下に徐々に小さなウキをセットするのもいい。前者は仕掛けが一定の速度でなじむのに対し、後者では最初は速く沈み、徐々にスローになじんでゆく。

【ウキ釣り(高感度仕掛け)】

シモリウキ仕掛けと同じ理由で、感度に優れたハエ(オイカワ)釣り用の発泡ウキや小型のヘラウキを使っている釣り人も少なくない。こちらは、シモリ仕掛けよりも作るのが簡単で、ウキの交換も容易というメリットがある。波っ気のあるときにはウキが浮き沈みしてアタリが取りにくくなるものの、凪の海ではこの仕掛けの独壇場になることが多い。
ウキのボディの上端が、水面ギリギリに浮くようにオモリで微調整するのがコツだ。ハリは、軽量で吸い込みのいい袖かハエスレが使いやすい。ミチイトやハリスも細めのものを使って、全体のタックルバランスを整えることが、この仕掛け作りのポイントだ。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.