“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イトヨリダイ【糸撚鯛】釣りの仕掛け編

美しいピンク色の魚体。ボートや投げ釣りの好ターゲット!

【釣りやすさ】★★★★☆
【釣り場とシーズン】

関東エリアではポピュラーなターゲットではなかったが、最近では海水温が上昇しているためか東京湾内でも狙って釣れるようになりつつある。西日本エリアではもともと棲息数が多いこともあって、沖釣りや大物を狙った夜の投げ釣りなどで狙う人が多い。

 


乗合船だけでなく、小型のマイボートや手こぎボート釣りなどの好ターゲットでもある

【沖釣り(テンビン仕掛け)】

イトヨリダイは単独で狙うというよりも、アマダイホウボウなどと一緒に釣るのが普通だ。仕掛けも共通で、コマセを使わない片テン仕掛けを使うことが多い。

竿は先調子から胴調子のライトロッドを使用。ミチイトは潮切れのよさを考えると、PEの1~1.5号がベスト。4号程度の先イトを結んでおくとイトさばきがよくなり、ライントラブルも軽減する。ハリスは2号でも十分だが、大型のアマダイが釣れるエリアでは太めにするのが安心だ。
付けエサはオキアミの尾を取り、切り口からハリ先を通して腹側へと抜いて装餌すればよい。

イトヨリダイは砂地の底付近を回遊しているので、仕掛けを着底させたら1mほどオモリを上げてアタリを待つのが基本。魚の活性に応じて、ときおり竿をゆっくりと上下させて誘いを入れるのも有効だ。つねに付けエサを底ダナで漂わせたいので、海底に変化があるときにはマメに底を取り直すこと。

【沖釣り(ひとつテンヤ)】

イトヨリダイはエビエサが大好物なので、近年大人気のひとつテンヤ釣法でもよく釣れてくる。同じ場所でマダイアマダイが狙えるのもうれしいところだ。

タックルも仕掛けもマダイ釣りと同様のものを使用するが、イトヨリダイ狙いでは根の荒いポイントを攻めることが少ないので、先イトは短めでもOKだ。テンヤは水深に合わせて2~10号を使用する。エサは冷凍エビのほか、スーパーで買える大きめの甘エビなども使える。

釣り方は、マダイ釣りとほとんど同じで、テンヤを確実に着底させた後、ゆっくりと竿をシャクり上げて誘いを入れる。竿いっぱいにシャクったら、再び落とし込む。この繰り返しでアタリを出していくわけだ。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.