“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ウスメバル【薄眼張】釣りの仕掛け編

中深場の人気ターゲット。多点バリの仕掛けで、数釣りも可!

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】

釣りの世界では、本種やトゴットメバル、ウケクチメバル、ヤナギメバルなど総称して「沖メバル」と呼ぶのが一般的だ。

アミコマセを使ったコマセ釣りもあるが、ハリ数の多い胴付き仕掛けで狙うのが主流。

 

 


小さな群れを作って生活する魚なので、群れに当たると数釣りも可能だ

【沖釣り】

竿は2.4~3mで、オモリ負荷50~80号。やや先調子気味の胴調子の竿がよい。深場を狙うため、リールは小型の電動タイプを使う人が多い。仕掛けは、白、ピンクのフラッシャーを巻き込んだハリを交互に付けたタイプと、フラッシャーのないタイプの2種類を用意し、サバが多いときや少ないときなど、その日の状況によって使い分けるとよい。

仕掛けの投入後、すかさずリールをフリーにして一気に海底まで送り込む。着底したらすぐにイトフケを取り、波の上下動で船が下がったときにオモリが底を打つ程度に調整し、アタリを待つ。アタリがあったら、リールを2回ほど巻いたり、ミチイトを出したりして追い食いを狙おう。

活性が高いとつぎつぎにハリ掛かりし、大物ほど上のハリに食ってくることが多い。巻き上げは一定のスピードで行う。仕掛けを一気に船の中に入れてしまうと絡んでしまうので、上のハリに掛かった魚を外しながら船内に取り込もう。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.