さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

シシャモ【柳葉魚】釣りの仕掛け編

地域&季節限定ターゲット! 機会があればチャレンジしたい!

 

【釣りやすさ】★☆☆☆
【釣り場とシーズン】


シシャモが釣れる場所は道東~十勝エリアで、ある程度水深のある港に限られる。また、その年によって魚影が多い場所は変わってくるため、あらかじめ釣具店などで確認しておきたい。好機はシシャモが産卵を控えた10~11月。
シシャモはサビキ釣りやミャク釣りで狙うことが多く、釣り場によっては胴付き仕掛けでの投げ釣りも行われている。シシャモは夜釣りが有利とされているが、その日の条件によっては日中のほうが食いがいいこともある。

【サビキ釣り】

サビキ釣りの場合、仕掛けはハゲ皮やオーロラ、ラメ入りなどのハリに実績があり、その日の条件次第で釣れるサビキバリの種類が変化する。地元釣具店ではシシャモ専用サビキを販売しているので、店員と相談しながら選ぶといいだろう。また、ハリには2㎝ほどに短くカットしたアオイソメを装餌するのが当地流だ。コマセはアミブロックを解凍して使うが、魚の活性が高い場合は、なくてもよい。
釣り方は、竿下に仕掛けを下ろして底ダナを狙い、仕掛けを軽く上下させて誘いを入れながらアタリを待つ。地元では、冷凍のアミブロックを網袋に入れてロープで底ダナまで沈めたり、夜釣りの場合は投光器で魚を寄せて釣っている人も見られるが、これらも魚の活性が高ければ無用だ。




↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.