“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

アカカマス【赤魳】釣りの仕掛け編

大きな口で小魚を食べるフィッシュイーター。ルアーにも好反応!

【釣りやすさ】★★
【釣り場とシーズン】

カマス釣りのシーズンは春〜秋。サビキ釣りやウキ釣りで楽しめる岸からの釣りがポピュラーだが、船釣りも人気。相模湾の大磯、平塚、茅ヶ崎などでは、短期間ではあるもののカマス狙い専門の乗合船が出ている。
フィッシュイーターなので、ルアーにも好反応を示す。朝夕のまづめどきが捕食タイムなので狙い目。しかもカマスは群れで移動するので、1匹釣れはじめると次々と釣れるのが楽しい。
釣れるサイズは20〜30cmくらいがアベレージだが、まれに50cm級も釣れ、意外な引きの強さに驚かされる。

 


エサとなる小魚が入り込んでいる時は、カマスの群れも入ってきているはずだ

【ルアー釣り】

タックルは、トラウト用などのライトなものでOK。ただし、歯が鋭い魚なので、ライン先端にショックリーダーを接続しておくとよい。ルアーは小型のミノーやスプーンのほか、ジグヘッド&ワームなどでも楽しめる。意外と効果的なのがスピナーで、とくにフェザーが付いたものに実績がある。
いずれも比較的速めのタダ巻きが基本。狙いのタナは表層から中層だが、底層で食ってくることもあるので、最初は各層を探り、その日のアタリダナを見つけよう。

【投げサビキ釣り】

文字通りサビキ仕掛けをキャストして釣る方法で、主にシラスなどの小魚を捕食しているカマス相手に効果的だ。この釣り方は「サビキング」などと呼ばれる。
サビキ仕掛けは、サバ皮などの魚皮サビキで十分に釣れるが、カマス専用のフラッシャータイプも市販されている。
釣り方は、仕掛けをキャストして単に棒引きしてくるだけでOK。低活性の場合は、竿先をシャクりながらサビキにアクションを加えてやるのがコツ。
落ち込みの速度がスローなほど食いがよいので、オモリは軽めがお勧めだ。

FINA SS331 カマス専科 金茶F&A皮6本13−4

価格:
518円

(2018/08/14 14:54時点 )

 

【沖釣り】

船釣りの場合、相模湾などでは胴付き仕掛けが定番だ。サビキ釣りやカッタクリ釣りなどの地域もある。
アカカマスの微妙なアタリを感じとるための敏感な穂先と、それをきちんと伝えてくれる穂持ちが必要。7:3~8:2の先調子の竿が適している。オモリは船宿で決まりがあるはずなので、必ずそれに合わせるようにしよう。
付けエサには、細長くカットしたサバの切り身を使用。チョン掛けにする。船長の合図ですみやかに仕掛けを投入したら、指示ダナで竿先を軽く上下させて誘いを入れ、アタリを待つ。モゾモゾしたアタリは見送り、力強い引き込みが来たらシャープにアワセを入れてハリ掛かりさせよう。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.