“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

カンパチ【間八・勘八】釣りの仕掛け編

ブリ属では最大。ハリ掛かりした時のファイトも強力な人気魚!

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

好奇心が強く、大型になるカンパチは絶好の釣り対象魚だ。主な釣期は夏〜秋にかけてだが、エリアによっては春〜初夏も狙える。

カンパチはブリヒラマサより南の海域を回遊するため、釣り場も南の海域がメインとなる。関東付近では八丈島や小笠原諸島で大型の実績が高い。九州では日向灘や薩南諸島、さらに南西諸島や沖縄では40㎏を優に超す大型の実績がある。

磯から狙う釣り人もいるが、メインはやはり沖釣りだ。
活きエサを使った泳がせ釣り、コマセ釣り、ルアー釣り、トローリングなどさまざまな方法で狙える。

 


写真は伊豆半島の南に位置する神子元島。磯釣りの名ポイントとして名高く、カンパチの釣果も豊富。

【ルアー釣り】

沖の岩礁帯の基部に群れているので、ジギングで狙うのが一般的。タックルはスピニングでもベイトタックルでもかまわないが、水深やジグのウエイトにあったものを選ぶことが大切。メタルジグのサイズは、水深にあわせて20〜200gまでを使い分ける。フッキング率をあげるために、アシストフックも必須。
深さ200m超のポイントで40kg超の大物を狙うディープジギングでは、500g程度のメタルジグを使う。その場合の仕掛けは、ミチイトはPE3〜8号、リーダー70〜200ポンドと強靱なものを使う。ミチイトの長さも水深+200mは用意しておこう。

【カッタクリ釣り】

小型のカンパチは、カッタクリ釣りが一般的。相模湾では数多くのカンパチやイナダ(ブリ)狙いのカッタクリ釣りの乗合船が出ている。
リールを使わない手釣りで、イト枠に巻いたミチイトから、仕掛けを直結する。バケにはナマズ、ボラ、バラフグ、ハモ皮などがあり、潮や魚の活性によって使い分ける。

【泳がせ釣り】

岸壁や大型のカンパチを狙うには、泳がせ釣りが一般的。仕掛けは頑丈に、竿も最低4号が必要。ハリスも10号以上を使いたい。
エサはムロアジやアジなど、現場で釣ったものを使う。生きてるなら背掛け、死んでいたら鼻掛けにしよう。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.