“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

マツダイ【松鯛】生態編

【分類・分布】

スズキ目マツダイ科マツダイ属の海水魚。マツダイ科は、本種が分類されるマツダイ属とダトニオイデス属の2属からなる小さなグループで、日本近海にはマツダイのみが棲息する。
太平洋、インド洋、大西洋の温・熱帯域に分布し、日本では主に南日本に棲息。静岡~九州周辺に多いが、太平洋側では房総半島、日本海側では対馬海流に乗って丹後地方周辺まで北上することもある。ときには、東北や北海道で水揚げされることもある。

【形態】

古代魚を思わせる姿形の魚。全長は最大で1mほどに達する大型魚だ。
体高は広く、左右が平たく側扁したタイ型となっている。後頭部から急激に口先に向かって尖っており、頭部は身体の大きさに比べて小さい。口は上向きについており、口蓋骨と前鋤骨には歯がない。
幼魚は茶褐色から黄色の体色に、不定形の暗色斑がある。成長すると、黒ずんで緑色から褐色の体色となる。体側には不規則な濃淡があり、尾ビレの後縁は白い。
背ビレと尻ビレの後半の鰭条が後方に伸び、尾ビレが3枚あるように見える。また、この3つのヒレは、いずれも後ろ縁は丸みを帯びている。背ビレと尻ビレの軟条部の基部は、ウロコを被っている。


【生態】

未成魚は、枯れ葉に擬態することが知られ、流れ藻や流木、ロープなどの浮遊物に着いていることが多い。水面直下に横になったり逆さまになったりして漂い、捕食者の目を欺くと同時に、エサとしている小魚などに気づかれずに接近して捕食する。
幼魚のうちは内湾や汽水域に棲み、潮だまりなどでも見かけることがある。成長とともに外洋へ移動し、体長50㎝程度までは、流木や流れ藻など漂流物の周辺にいることが多い。さらに成長すると深場へ移動する。
小魚や甲殻類を捕食するフィッシュイーターであり、ルアーなどの擬餌バリにも果敢にアタックしてくる。

【文化・歴史】

マツダイという名の由来は、その名の通り、体表が松の皮に似ているためである。黒っぽい体色であることからクロダイ、幼魚が漂っているさまが葉っぱのようであることからハッパ、そのほかにタカノハ、ヨロイなどという呼び名がある。
背ビレと尻ビレが張り出し、尾ビレが3つあるように見えることから、英語では、Tripletails(3つの尾の意味)という。

学名Lobotes surinamensis内の属名を表すLobotesは、ギリシャ語で「葉っぱ」を意味するlobosに由来している。これは、未成魚の擬態のさまからきたもの。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.