“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イセゴイ【伊勢鯉】生態編

【分類・分布】

カライワシ目は、カライワシ科とイセゴイ科の2科2属で構成される分類群で、イセゴイ科はイセゴイ属の1属のみで本種とターポン(Megalops atlanticus)の2種が含まれる。イセゴイとターポンは非常によく似ているが、ターポンは大西洋の主に熱帯から亜熱帯域に棲息し、日本近海には棲息しない。

イセゴイは日本海側では新潟県以南、太平洋側では東京湾以南に棲息する。東北での採集例も見られるが、棲息数が多いのは主に沖縄や奄美をはじめとする南西諸島。海外では、インド、西部太平洋の暖海沿岸部に棲息する。

【形態】

硬骨魚類のなかではもっとも原始的で、太古からほとんど形状を変えることなく現代まで生き延びた古代魚だといわれる。
体形は側扁し、背中側は青みがかった銀色、腹側は銀色。ウロコは大きな円鱗である。目は大きく、大きな口が上向きに開いている。背ビレの基底より尻ビレの基底が長く、背ビレの一番後ろの軟条が長く伸びる点が特徴。尾ビレは大きく二叉に分かれている。

ターポンとの相違点としては、イセゴイは腹ビレの前端が背ビレ前端の真下にあるのに対し、ターポンは背ビレより前に位置している。また、背ビレの条数がターポンよりイセゴイのほうが多い。そして、ターポンは体長2m以上体重100kg超まで成長するが、イセゴイの体長は通常50~100cmほどである。

【生態】

内湾、沿岸部の浅い海に棲息。南西諸島では、河口部のマングローブ林にも棲息する。基本的に海水魚だが、とくに幼魚は汽水域や淡水域にも入ってくる。
主に、小魚やカニなどの甲殻類をエサとする動物食性。
くわしい生態は解明されていないが、カライワシ目の魚類共通の特徴であるレプトケファルス幼生という特徴的な仔魚期を経て成長することがわかっている。レプトケファルス幼生とは、ウナギやアナゴなどにも見られる平たく細長く透明な仔魚の形態である。

【文化・歴史】

イセゴイという名は、実際はそれほど似ていないものの、鯉に似ていることからきている。イセは「エセ(似非)」が転じたという説、「イソ(磯)」が転じたという説などがある。

近縁種のターポンは、その棲息地から学名に「atlanticus(=大西洋)」が付き、英名でもAtlantic tarpon(アトランティックターポン)という。
それに対して、日本の釣り人はイセゴイを「パシフィック(pacific =太平洋)ターポン」と呼び、ゲームフィッシングの対象魚として親しんでいる。

なお、三重県などではボラ、浜名湖地方ではメナダ(ボラの仲間)をイセゴイと呼ぶが、種が近いわけではなく、地方名のひとつである。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.