“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

スミイカ【墨烏賊】生態編

【分類・分布】

スミイカの正式な和名は「コウイカ」で、コウイカ目コウイカ科コウイカ属に分類される。
スミイカはイカ墨を多く持つことに由来する呼称。コウイカ科のイカのなかでもっとも普通に見られる。同じコウイカ科で釣りの対象とされるものには、ほかにカミナリイカ(モンゴウイカ)、シリヤケイカコブシメなどがいる。

スミイカは、日本近海においては本州中部から九州、および中国大陸の沿岸、世界的には東南アジアからオーストラリア北岸にまで分布している。

【形態】

外套長は約17㎝、外套幅は約9㎝ほどで、外套膜は背腹にやや偏圧されたドーム型。外套の左右には全体に渡ってエンペラがある。
生きているときは、背面は雄は暗褐色に波状の横縞が顕著で、雌には定まった斑紋はない。エンペラの基部に沿って白線が走り、腹面は雄雌とも白色。外敵に遭遇したとき、逆にエサとなる相手に近づくときなどは、皮膚の色を周囲の色に似せるカムフラージュ能力をもつ。
ほかのイカ類同様、8本の触手と2本の触腕がある。通常、触腕は第3腕と第4腕との間のポケット状の部分に収納されているが、摂餌時などで触腕を伸ばしたときには、長さ約20㎝に達する。
また、コウイカ科のイカは、胴内に舟形の石灰質の甲羅をもつことが特徴だが、スミイカの甲羅は後端が鋭い針状の突起となっているので、別名ハリイカの名がある。シリヤケイカなど、ほかのコウイカ類と見分ける際のポイントとなる。甲羅は多孔質で通水性を持ち、浮きの役割を果たしている。


【生態】

水深10~100m程度の砂泥底に棲息し、甲殻類、小魚、環状動物、軟体動物などを捕食している。エサ取りは巧妙で、周囲の色に同化して魚やエビなどを待ち伏せたり、そっと近づいたりして、触腕を素早く伸ばして吸盤でしっかりと捕える。

産卵期は初夏で、内湾に集まって海藻や沈木などに直径1㎝くらいのブドウの房状の卵を産みつける。卵の表面には砂泥がまぶされ、敵に見つかりにくいようにしている。1ヶ月ほどで孵化すると、ゴカイ、小型甲殻類、小魚などを食べて浅場で成長し、外套長10㎝ほどになって水温が低下する時期になると深場へ移動する。年を越すと抱卵するようになり、春になると成熟し、産卵すると死んでしまう。寿命は通常1年間。


【文化・歴史】

スミイカという日本での呼び名は、豊富なイカ墨に由来する。そして、学名をSepia esculenta というが、これは、かつて地中海地方においてイカ墨から採集した黒い顔料やイカ墨そのものを「セピア」と呼んだことから名付けられた。以前は、モノクロ写真にこのインクが使われていたが、色褪せしやすいために古くなると写真は茶色に変色した。このことから、色褪せた黒みがかった茶色のことを「セピア色」と呼ぶようになったのだ。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.