“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

マダイ【真鯛】生態編

【分類・分布】

スズキ目タイ科マダイ属の海水魚。日本でタイと名のつく魚は200種類以上棲息しているが、同じタイ科に属するマダイの仲間で、日本近海に棲息するものは、クロダイヘダイチダイキダイなどの十数種のみ。
その他は、姿形や色、身質が似ているといった理由から魚の王様であるマダイにあやかって名付けられた「あやかり鯛」である場合が多い。アマダイイシダイイトヨリダイなどは、マダイと同じスズキ目だが、キンメダイ(キンメダイ目)、アコウダイ(カサゴ目)などは「目」レベルから違うため、分類上もまったく近くない。

マダイの分布エリアは、北海道以南の日本各地の沿岸で、朝鮮半島や台湾、東南アジアなどにも分布する。また、タイの近種は世界中の温帯や熱帯エリアに棲息している。

【形態】

背が張り上がった美しい体形を持つ。また、鮮やかな暗赤色の体色と、体側と目の縁に散在する星のようなブルーの斑点も特徴的。ただし、この斑点は死んでしばらく経つと消えてしまう。ヒレは大きく、とくに潮流の速い海域で育ったマダイは、ヒレが長く発達している。

上下のアゴには上2対、下3対の犬歯、側方には大型の臼歯が2列に並び、小魚や甲殻類、貝類などを簡単にかみ砕く。この歯のパワーで、釣りバリを曲げたり折ったりすることも珍しくない。

近種のチダイ(ハナダイ)と体型や体色が似ているが、マダイは尾ビレの後ろ縁が黒みを帯びていること(写真上)、チダイはエラブタの縁が赤いことなどで見分けられる。
また、マダイは放流事業も盛んだが、天然マダイは鼻孔がふたつに分かれている(放流マダイはひとつにくっついている)ことで区別することが可能だ(写真下)。


【生態】

水深20~200mほどの沿岸に棲息し、根まわりや砂礫底、岩礁帯などのエリアを小さな群れで遊泳する。同じ場所に長く居着くことは少ないが、まれに磯などに居着いて大型化する個体もいる。

春〜初夏にかけて、岩礁付近の浅場で産卵を行う。幼魚は水深50m以深で越冬した後、浅場で活発に捕食しながら成長し、やがて深場へ移動する。体長は1歳で全長約18㎝、2歳で約25㎝、4歳で約40㎝に成長。最大では全長1m・体重10㎏以上に達し、寿命は20年とも40年ともいわれる。通常、雄のほうが雌より大きくなる。

食性はエビ、カニといった甲殻類のほか、貝類やイカ類、さらにイワシやイカナゴといった小魚も好んで捕食する。水温18℃以上では盛んに摂餌し、12℃以下でほとんど活動を停止。8℃以下になる海域では棲息できないとされる。

マダイの遊泳層は、基本的に水温が安定していてエサも豊富な海底付近だが、春はまだ底潮が冷たいために中層まで浮いてくるケースも多い。また、大型に育つほど魚食性が強くなるため、イワシなどの群れを追って表層まで浮上することも珍しくない。

【文化・歴史】

マダイは色形が美しく、食味もよく、しかも名前が「めでたい」に通じることから、古くから祝いの席に欠かせない魚であった。とくに、産卵期にあたる桜の開花時には体色がいっそう美しくピンク色になることから、「桜鯛」「花見鯛」と呼ばれて珍重されてきた。

マダイにまつわる伝説やことわざも全国各地に残されており、『古事記』の「山幸彦と海幸彦」の神話に登場したり、千葉県・小湊の鯛の浦のようにマダイの名所として知られる地区もある。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.