“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヘダイ【平鯛】生態編

【分類・分布】

スズキ目タイ科は、キダイ亜科、マダイ亜科、ヘダイ亜科に分類される。そのなかヘダイ亜科はヘダイ属とクロダイ属に分類される。ヘダイ属にはヘダイ、クロダイ属にはクロダイ、キチヌ、ナンヨウチヌ、ミナミクロダイなどが分類される。いずれも、黒みがかった銀白色をしたタイ型の魚で、体色や体型や模様、ヒレの条数などの違いで見分ける。

ヘダイは房総半島以南、とくに太平洋側の南日本に多く棲息している。また、日本海側でも新潟県や青森県での採取報告がある。

【形態】

体型は左右に平たい楕円形で、いわゆるタイ型。体色は背側のほうがやや色が濃い銀白色で、黄色の小点がウロコの列に沿って細く何本も並んだ縦縞模様をしている。胸ビレや尻ビレはやや黄色みを帯びる。

クロダイに似ているが、体色はクロダイに比べて全体的に白っぽく、クロダイは体側の模様が黒っぽい横縞であるのに対し、ヘダイは黄色の細かい縦縞である。また、ヘダイは背が目の後ろあたりから大きく盛り上がっていること、目から吻にかけての部分が前に突き出ておらず、丸みがあることなどでも見分けられる。

顎には3対の犬歯と3列の臼歯をもつ。奥の臼歯がとくに発達しており、甲殻類や貝などの硬いエサもこの歯でかみ砕く。体長は、成魚で40~50㎝ほど。


見た目はクロダイによく似ているが、顔が全体に丸く、体色も淡く白っぽい。

【生態】

内湾から沖合までの波の穏やかな浅海の岩礁域を好み、クロダイよりもやや沖合寄りに棲息している。食性は肉食性で、小魚、貝類、甲殻類、多毛類などを捕食する。産卵期は晩春で、直径1㎜ほどの分離浮性卵を産卵。幼魚は波打ちぎわや河口の汽水域などで見ることができるが、次第に沖寄りに移動する。
クロダイ同様、一部の個体は雄性先熟で性転換することが知られている。

【文化・歴史】

ヘダイという名は、口の形がひらがなの「へ」の字に見えるからとも、平たい体型からともいわれる。漢字では、「平鯛」の字を当てる。

地方名はクロダイに似ていることに由来するものが多いが、混同されることは少ない。シロダイ(神奈川県、静岡県)、コキタイ(浜名湖地方)、シラタイ・シラチン(和歌山県)、マナジ(三重県)、ヘイズ(京都府)、セダイ(山口県、九州地方)、ギンダイ(島根県)、ヒジヌ(愛媛県)、ヒョウダイ(高知県)、ヒラチヌ・ヘイラチヌ(大分県)、へーマ(宮崎県)、ヘマダイ(鹿児島県)、チバー(沖縄県)など。

英名は、Goldlined seabreamといい、金色の線がある鯛という意味。また、Silver seabreamともいうが、これも 銀色の鯛という意味で、いずれも体色に由来して付いたものである。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.