“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

アカムツ【赤鯥】生態編

 

【分類・分布】

スズキ目ホタルジャコ科アカムツ属に分類されるが、スズキ科とする分類もある。
日本海側では新潟、太平洋側では福島以南に棲息し、東南アジア、オーストラリアまで、太平洋西部に分布する。

伊豆諸島の八丈島周辺に多く棲息するハチジョウアカムツも、俗に「アカムツ」と呼ばれるが、こちらはスズキ目フエダイ科ハマダイ属に分類され、分類上もまったく別の魚である。赤い体色は似ているが、目の大きさ、顔の形状などは違っており、ハチジョウアカムツは1m近くまで成長する。
また「シロムツ」と呼ばれるオオメハタやワキヤハタは同じホタルジャコ科だが、「クロムツ」と呼ばれるムツやクロムツは、ムツ科に分類される。

【形態】

体型は楕円形で側偏しており、背側は赤紅色、腹側は赤みを帯びた銀白色。眼球は大きく、白目の部分は金赤色をしている。
ウロコは後部に小さな棘(きょく)を持つ櫛鱗(しつりん)で、手触りはザラザラとしている。背ビレの先端には細く鋭い棘がある。
最大で50㎝2㎏程度まで成長するが、釣りで目にするのは、全長が40㎝ほどまでのものが多い。

グルメ嗜好の高まりから最近では高級魚。1kg超のものは幻といってもさしつかえない

【生態】

通常、アカムツは水深100~300mの深場に、小さな群れで棲息している。魚食性が強く、主なエサは小魚だが、甲殻類、イカ類、アミ類なども捕食している。
産卵期は6~10月頃とされる。幼魚は浅場でも見られ、体長20㎝くらいまでのものは沿岸部の定置網で捕獲されることもあるが、成長に従って深場へ移動する。
1年で体長10㎝、3年で20㎝、5年で30㎝程度に成長する。

【文化・歴史】

佐渡、北陸、山陰地方など日本海側では、「ノドグロ」という呼称のほうがポピュラーで、島根県の浜田市では市の魚にも指定されている。このノドグロという名は、口の奥のほうが黒いことからきている。
ノドグロ・ノドクロ以外の地方名としては、アカウオ、キンギョなど赤い体色から付いた名前、キンメ、メッキン、メブトなど、金赤色の大きな目からきた名前も多い。
英語名のBlackthroatも、「黒い喉」という意味で、ノドグロと同じ語源である。
ムツという名については、脂っこいことを「むつっこい」「むつごい」などということから、脂ののった魚という意味合いで付いたとされる。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.