“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヤリイカ【槍烏賊】生態編

【分類・分布】

ヤリイカは、ツツイカ目ヤリイカ科(ジンドウイカ科とも)ヤリイカ属に分類される。

ツツイカ目のイカは、基本的に胴内に軟骨をもつタイプのイカで、同じ科には、アオリイカケンサキイカジンドウイカなどがいる。

北海道から九州までの日本各地、黄海、東シナ海に分布するが、沖縄には棲息しない。

【形態】

体形は細長い円錐形をしており、とくに雄は胴の先端がケンサキイカと比べると非常に細くなっているのが特徴。また、スルメイカと比べるとエンペラが胴長に対して割合が長く、腕が短く華奢であることなどで区別できる。吸盤のある10本の腕を持ち、そのうち2本は「触腕」と呼ばれる先端に吸盤が集中した長い腕になっている。この触腕を伸縮させてエサを捕らえる。
通常は透明度の高い体色をしているが、興奮状態になると茶褐色が強くなる。最大で外套長40㎝程度まで成長し、雌より雄のほうが大型になる

【生態】

通常は水深30~100mに棲息し、産卵期には沿岸まで寄ってくる。産卵の時期は南方ほど早く、1月頃から始まり、北海道では4~6月頃が盛期とされる。沿岸で生まれた稚イカは、夏にかけて深みへ移動して成長する。孵化後3ヶ月で外套長3㎝まで成長し、半年で成熟。そして再び産卵期になると沿岸部へやってきて、海底の岩礁に産みつける。
寿命は1年間で、産卵行動を終えると雄雌ともに死んでしまう。

エサは動物プランクトン、小魚や甲殻類など。ヤリイカはイカ類のなかでも消化吸収にかかる時間が短く、一日の摂餌回数が多いとされている。

【文化・歴史】

ほっそりとした姿形が槍の穂に似ていることが名前の由来とされる。英名でもSpear(=槍) squidと同様の語源をもつ名称となっている。

ヤリイカの神経細胞は、動物でもっとも大きいため、古くから医学分野で神経系の研究の実験材料として用いられてきた。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.