さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

サッパ【拶双魚】生態編

サッパ【拶双魚】
【分類・分布】

ニシン目ニシン科サッパ属に分類される一属一種の海水魚。コノシロとよく似るが、コノシロは同じニシン科のコノシロ属に分類される。
北海道以南の沿岸、汽水域に棲息し、朝鮮半島、南シナ海、東シナ海、黄海にかけても分布している。

【形態】

体色は背中側が青緑色、体側から腹側は銀白色。ほかのニシン目の魚類に比べてウロコが硬く、イワシのように簡単に剥がれ落ちることが少ない。また、ニシンと同様に脂質の眼瞼(がんけん)がある。
体形はマイワシよりも体高が広く、著しく側扁しているのが特徴。とくに腹側は非常に薄く、ナイフのような形状になっている。
コノシロとの違いは、背ビレに長く延びた軟条がないこと、ウロコに斑点がないことなどで見分けられる。
全長は約10~15㎝が堤防などで釣れる平均だが、西日本では20㎝超の大型が引きを楽しませてくれることも珍しくない。
サッパ【拶双魚】
イワシ類と似ているが、体高があり、腹側が非常に薄っぺらなのが特徴だ


【生態】

春から秋にかけては、内湾、汽水域の砂泥底の浅場に群れをつくって棲息する。冬になるとやや深場へ移動し、越冬する。
エサは、主に動物性プランクトン。イワシ類と同様に、口と鰓蓋(えらぶた)を大きく開けながら泳ぎ、鰓耙でプランクトンを漉し取って捕食する。
産卵の時期は地域によって異なるが、西日本では4~6月、東京湾では6~7月頃。産卵は夕方に内湾に群れた状態で行われ、分離浮性卵を産み2~3日で孵化する。


【文化・歴史】

瀬戸内海や有明海沿岸などの西日本で好んで食用とされ、岡山県の郷土料理であるサッパの酢締め「ママカリ」は有名。ママカリは「飯借り」と書き、あまりにおいしくて家で炊いたご飯が足りずに近所で借りてこなければならないという、そのおいしさに由来した名称である。
サッパという魚名は、主に関東での呼称。身の味わいがさっぱりしていることから、あるいは、小舟のことをサッパと呼びその形に似ていることから、笹の葉に形と平たいところが似ているから、など、その由来には諸説がある。
その他の呼び名としては、料理方法に由来したママカリ(瀬戸内海地方)、ワチ(広島県・香川県)、ハダラ(佐賀県・熊本県)、ギッパ(愛知県)、ハラカタ(四国・関西地方)などがある。
↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.