“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ネズミゴチ【鼠鯒】生態編

【分類・分布】

一般に、釣り人の間で「メゴチ」などと呼ばれている魚は、スズキ目ネズッポ科ネズッポ属に分類される魚の仲間で、ネズミゴチ、セトヌメリ、トビヌメリ、ヤリヌメリ、ヌメリゴチなどが含まれる。いずれも投げ釣りなどでよく釣れ、姿形もよく似ている。
もっともポピュラーなネズッポ類であるネズミゴチは、日本海側は新潟県、太平洋側は仙台湾以南、黄海、東シナ海、南シナ海まで広く分布している。
なお、標準和名がメゴチという魚は、カサゴ目コチ科メゴチ属に分類されるまったく別の魚である。同様に、マゴチもカサゴ目コチ科コチ属の魚で、ネズミゴチとは分類上は近種ではない。

【形態】

ネズミゴチは、上から押しつぶしたように縦偏した体形で、エラの部分が一番幅広く、尾に向かって細くなっている。全身がネバネバした粘液に覆われており、エラブタには骨質のトゲがある。目は背面で半球形に飛び出ており、口は小さく下向きに開くようになっている。
雄は尻ビレに縞模様があり、雌は第一背ビレの第三、第四棘条の間に暗色斑がある(写真下)。側線は背寄りに1本。背部は茶褐色に細かい白や黄色の斑が全体に散らばり、腹側は青白色だ。全長は成魚で15〜20㎝前後。
ほかのネズッポ類もおおむね同じような体形と体色だが、ヒレの形状や斑点の色形などの違いがある。


雌の第一背ビレに見られる暗色斑。


【生態】

主に海底の有機物のかけらやゴカイ類、エビ類、カニ類、貝類などを小さな口で吸い込んで捕食している。内湾の水深20mくらいまでの浅い砂底に棲息し、とくに春〜秋にかけては砂浜の海岸のごく浅いところまでやってくる。秋以降になって水温が低下してくると、やや深みへ移動する。
産卵期は春と秋の2回。雄がエラブタとヒレを大きく広げて雌にアピールし、ほかの雄に体当たりをして雌を誘うという求愛行動をとり、つがいになると海面を泳ぎながら産卵する。卵は浮性卵で、1,500~4,000粒を産む。仔魚は全長3㎝程度に成長するまでは浮遊生活を送るが、やがて海底で生活するようになる。
寿命ははっきりとは明らかになっていないが、約2~3年とみられている。


【文化・歴史】

ネズミゴチという名は、口先が尖った顔がネズミのような顔だからついた名前。ノドグサリ、ノドクサリという別名は、内臓が腐りやすいところから、またヤリヌメリなどネズッポ属の一部の魚に内臓に刺激物質をもつ種があり、口内から異臭がすることに由来する。そのほか、体表のヌメリに由来するヌメリゴチ(各地)、ネバリゴチ(静岡県)。天ぷらに使うコチということに由来するテンコチ、テンゴチ(関西地方)。ヨダゴチ(長崎県)、ヘタゴチ(新潟県)、ヨドゴチ(熊本県)、ガッチョ(大阪府)など、さまざまな地方名がある。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.