“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

カンパチ【間八・勘八】生態編

【分類・分布】

アジ科ブリ属の海水魚で、本州中部以南、東部大西洋を除く全世界の熱帯・温帯息に分布している。同じブリ属で比較すると、ブリヒラマサより高い水温の海域を好み、ヒレナガカンパチよりは北寄り、黒潮と対馬海流の勢力圏に棲息する。カンパチとヒレナガカンパチの棲息域は重なり合っており、小笠原沖や高知県・足摺岬沖、室戸岬沖では、両種が交じって釣れることもある。
個体数が多いのは関東以南の太平洋側と玄海灘、東シナ海など。日本海側は、太平洋側ほど個体数が多くない。

【形態】

ブリ属の最大種で、体長2m・体重80㎏にまで成長する。砲弾のような流線形の体形だが、ブリヒラマサよりも体高が広い。そのためハリ掛かりしたときのファイトは、ブリヒラマサ以上に強力だ。

カンパチは、体側中央に1本の黄色い縦帯がある。また、背ビレの前方から眼を通り、上あごへと斜めに延びる黒褐色の帯があり、これを背中側から見ると漢数字の「八」に見えることがカンパチの名前の由来となっている。この「八」の字は、成長とともに薄くなっていくが、ブリヒラマサと識別する明確な印になる。

カンパチとヒレナガカンパチは非常に似通っており、見分けがつきにくいが、一番わかりやすいのは、カンパチの尾ビレの下葉先端は白いが、ヒレナガカンパチは白くないこと。この違いはとくに生きているときに顕著で、釣りでやりとりして海面近くまで浮かんできたときに見分けることも可能だ。また、第二背ビレの前部が非常に長いのがヒレナガカンパチ。


ブリヒラマサと比べて体高が高いのと、背ビレの前部から目を通る黒っぽい縞があるのが特徴。

【生態】

カンパチは、主に水深20~70mの沿岸から外洋にかけて棲息するが、南の海域では泳がせ釣りやジギングで水深60~350mを狙うことから、かなり深いところにも棲息していることがわかる。

回遊性ではあるが、潮の流れの速いところにある岩礁帯に着き、大型になるほど長く居着くようになる。群れで生活する個体が多いが、ブリのような大群を作ることはなく、なかには単独で生活する個体もいる。

典型的な魚食魚で、ムロアジキビナゴ、イカナゴ、アジイワシサバなどの小魚のほか、イカやエビなども好んで捕食する。

産卵は3~8月(水温22~25度)に行われ、ヒレナガカンパチの産卵期より若干、早い。仔魚は沖合の表層で生活し、稚魚になると流れ藻などに着くようになる。この時季の稚魚は「モジャコ」と呼ばれ、これを採捕して養殖が行われている。体長が7㎝を超える頃になると流れ藻から離れて、沿岸の下層域へと移動する。

カンパチは水温13℃以下で成長が止まり、9℃以下では生存できないとされている。そのため、秋になって水温が低下してくると、沿岸を回遊していた群れは急速に南下していく。冬場の水温が10度を下回る瀬戸内海などでは秋になると外洋に出て行くと考えられている。ただし、南下する途中で水温の高い水域に入ると、そのまま居着く群れもある。

成長は速く、1年で1~3㎏、1年半で2~4㎏になる。寿命はだいたい10年とされている。

【文化・歴史】

カンパチは、「ブリ御三家」の一員。ほかの2種に比べて漁獲量が1割にも満たないため、とくに天然物は珍重されている高級魚だ。

地域によっては、若魚を「シオ」「ショコ」「ショゴ」「シオッコ」などと呼ぶが、「潮の子」、あるいは「初子」が語源とされている。成魚の呼び名も、関西では「アカハナ(赤鼻)」が一般的で、これは赤みを帯びた吻(ふん)からきている。ほかにアカイオ、アカバラ、アカハネ、ネリコ、ツビキなど地方名は多い。

カンパチは定置網や釣りなどで漁獲されるが、群れが小さいためにブリヒラマサよりも漁獲は少ない。前述したように、現在は流れ藻に着いた幼魚を捕獲して育成する養殖事業が行われている。とくに、長崎や宮崎、鹿児島などでカンパチの養殖が盛んである。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.