“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ジンドウイカ【陣胴烏賊】生態編

【分類・分布】

イカは、主にコウイカ目とツツイカ目に分類され、ジンドウイカは、ツツイカ目ヤリイカ科ジンドウイカ属に分類される。ヤリイカ科には、ほかにアオリイカなどが属するアオリイカ属、ヤリイカケンサキイカどが属するヤリイカ属などがある。
同じジンドウイカ属の近似種には、ヒメジンドウイカやウイジンドウイカ、ベイカなどがおり、いずれも外套長10㎝前後の小型種である。

本種は、北海道南部以南の沿岸部、朝鮮半島の南部、華北地方に分布。
ヒメジンドウイカとウイジンドウイカは西日本以南、ベイカは国内では有明海、八代海、岡山県付近のみに棲息するので、関東や北陸、東北などに棲息するのは基本的にジンドウイカということになる。

【形態】

外套長は最大でも約12㎝、体重50g程度の小型のイカで、細長い円筒形の胴にエンペラは外套長の約半分に達する。通常は透明感のある体色で、茶褐色の斑紋が胴全体と足に散らばっている。興奮により茶褐色が強くなったり、周囲の環境によって体色を変えたりする。

仲間であるヒメジンドウイカは胴がやや細身で体色が赤みがかり、ウイジンドウイカは触腕が外套長よりも遙かに長い、ベイカはエンペラの先端が丸みを帯びている、といった特徴で本種と見分けられる。


釣り人の間では「ヒイカ」とも呼ばれる。近年エギングファンに人気のターゲット。


【生態】

ジンドウイカは穏やかな内湾を好み、シラスやイワシなどの小魚のほか、エビ類やプランクトン類を捕食する。
産卵期は棲息地によっても違うが、春~夏。水深10mくらいまでの内湾で、海藻や砂質の海底に数十個の卵が入った寒天質で指状の卵嚢の束を産卵する。一個体で約80個の卵嚢を産み付け、約2,000粒の卵を産む。約1ヶ月で孵化し、体長2.5㎜ほどの稚イカが泳ぎ出る。寿命は推定1年。


【文化・歴史】

木や海藻の根を乾燥させたものを材料として、矢の先端に取り付けて使う鏑(かぶら)に似た紡錘形のパーツを「神頭(じんどう)」という。その形に似ているイカということから、ジンドウイカの名が付いたという。

関東地方や東北地方のほか各地でコイカ、またはヒイカ。静岡県の焼津ではアカイカ、徳島県ではケンイカ、青森県ではテクビイカなどと呼ばれる。そのほかに、ボウズイカ、マルイカ、ハナイカ、ワカイカなどの地方名がある。ヒメジンドウイカやウイジンドウイカも併せて、ヒイカやコイカと呼ばれることも多い。
なお、静岡県の沼津周辺では、ケンサキイカのことをジンドウイカと呼ぶこともあり、混同しやすいので注意したい。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.