“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

クロソイ【黒曹以】生態編

【分類・分布】

メバル属の魚は、沿岸の岩礁域から大陸斜面までさまざまな深さに棲息し、多くの種類が存在する。クロソイの仲間には、ムラソイ、ホシナシムラソイ、オオゴンムラソイ、アカブチムラソイ、メバル、タケノコメバル、ヨロイメバル、コウライヨロイメバル、キツネメバルなどがあり、一見しただけでは見分けにくいほど似通った種が多く、混称、誤称の原因になっている。

クロソイは、北海道以南の日本沿岸各地や朝鮮半島、中国に分布している。

【形態】

体色の黒みが強いが、地域によっては体色の変化が激しく、一見しただけでは近縁のキツネメバルと見分けがつかない場合もある。未成魚では、眼の下に涙を流したように斜め下方へ走る涙骨があり、ここの2本の暗色帯が顕著で、3棘あるのが特徴。ほかのソイとの違いを識別できる第一の目安になる。

成魚は、外見から雄雌を判断でき、雄は肛門直後の部分に生殖突起が突き出る。体長は通常25~35㎝であるが、40~50㎝に達する大物もいる。

【生態】

クロソイの若魚は漁港や防波堤周辺で多く見られるが、成長すると潮通しのよい水深30m前後の岩場へ移動する。成魚は季節的な深浅移動を行い、春~夏には沿岸の浅場に、秋~冬には沖合の深場へ移動する。日没前後から集団で浮上し始め、活発に遊泳する。

クロソイは胎生魚で、卵巣内の胚発生の過程で親から栄養をもらい、仔魚の状態で産み出される。産出は、水温15℃前後の頃に日没から真夜中にかけて、水深40m以浅の岩礁域で行われる。仔魚は帯状の寒天質に覆われて連なっているが、親魚が胸ビレや尾ビレでこの帯をあおり、仔魚を拡散させる。

1ヶ月で体長15㎜、1年後に10㎝、3年後に25㎝、5年後に35㎝前後へと成長する。寿命は10年ほどで、オスは2年前後、メスは3年前後から成熟し始める。

夜行性で、昼間は岩礁の割れ目などに単独で潜んで暗くなるのを待ち、日没後に集団でエサを捕食に出かける。肉食で、イカナゴやマイワシウマズラハギなどを好み、そのほかにはアミ類や甲殻類、タコ類、イカ類、ゴカイなどの多毛類も摂餌する。15~20℃でもっとも活発に摂餌する。

【文化・歴史】

クロソイは、オコゼ(高知)、クロアタガシ(熊野)、クロカラ(富山)、クロスイ(宮城)、クロハチメ(越後)、クロメバル(田辺)、ゴマゾイ(松島)、タケノコメバル(下関)、ハツメ(富山)、モヨ(東京)、ワガ(浜名湖)、モブシ(大村湾)、ソイ(徳島)、ガク(岡山・広島・香川)、ガブ(兵庫・徳島・香川)、ホゴ(香川)など、地方での呼び名がじつに豊富である。その理由のひとつとして、クロソイの見分け方が非常に難しく、個体差も大きいことが挙げられる。とくに体色は、金色~茶色~茶褐色~黒色と異なり、同じ魚だとはとうてい思えないほどだ。斑紋にしても変異が大きい。結果、同じクロソイでありながら、大きさや体色の濃淡によって「ソイ」と呼ばれたり、「メバル」と呼ばれたりするのである。

1987年から3㎝程の種苗が放流されるようになり、現在では全国各地で種苗放流が行われている。本種は生存率が高く、比較的容易に生産ができる特徴がある。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.