“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

チダイ【血鯛】生態編

【分類・分布】

スズキ目タイ科に属する本当の意味でのマダイの仲間は、チダイ属チダイをはじめ、キダイ属キダイやクロダイ属クロダイ・キチヌ、ヘダイ属ヘダイなど数十種に限られる。アマダイキンメダイイシダイイトヨリダイをはじめ、「〜ダイ」という魚は200種以上いるが、赤っぽい体色、体型がタイに似ているといった理由で名付けられたなどの「あやかり鯛」で、これらは分類上はタイに近いものではない。

チダイは、関東では「ハナダイ」という名で親しまれており、釣り人に通りがいいのもこちらの呼び名。産卵期にオデコが出たものを「デコ」と呼ぶこともある。

チダイは、琉球諸島を除く北海道南部以南の日本各地に分布している。

【形態】

体高は広く楕円形で、強く側扁する。体色は赤く、腹部は淡紅色。体側上半部に、コバルト色の小さな斑点が不規則に数列散在する。姿形はマダイとよく似ているが、チダイは女性的な姿をしており、成魚になってもせいぜい体長45㎝、1㎏程度で、800gもあれば老成魚といえる。一方、マダイの姿は男性的であり、全長1m以上にも成長し、10㎏を超す大魚となる。

マダイとチダイの簡単な見分け方として、尾ビレとエラブタの縁の色、そして、背ビレの長さが挙げられる。マダイは、尾ビレの縁が黒くなっているが、チダイは薄い赤色の一色だけ。また、チダイは、背ビレの一部が長く、エラブタの縁が濃赤色となっている。以上のことに注目して比較すれば、容易に区別することができる。そのほか、同じサイズのチダイとマダイを比べると、チダイのほうが体高がやや高く、目の玉における黒い部分も大きい。


マダイとよく似ているが、エラブタの縁が鮮やかな赤色なところが、一番の特徴だ


【生態】

チダイは、甲殻類、多毛類、軟体動物などを好んで食べる肉食性の魚である。
群れをつくる習性があり、海底付近にかなりの数でまとまって生活している。沈み根、漁礁などのマダイの着く優良ポイントには、500gを超すチダイが数百、数千もの大群をなして来流する。これらのチダイは産卵群であるが、大集合は産卵期だけに限らず、冬季や初夏の麦秋頃にも必ず見られることから、群泳性があると考えられる。
地域差はあるが、産卵期は主に9〜11月。卵は油球1個をもつ分離浮遊卵で、卵径は0.9~1.1㎜。水温20℃では2日前後で孵化し、孵化した稚魚は内湾で過ごし、1年で13㎝前後にまで成長する


【文化・歴史】

チダイの名は、エラブタの縁にある血の滲んだような濃赤色の帯を由来とする説、「小さいタイ」の意とする説などがある。また、オスのチダイは、大型になるとオデコが目立って隆起する。その出っ張ったオデコが鼻のように見えること、あるいは花のように美しく鮮やかな体色をしていることから、ハナダイとも呼ばれるようになったといわれている。さらに漁師の間では、隆起したオデコが、鼻面が曲がったような顔に見えることから、「ハナオレ」とか「ハナオレダイ」などと呼ばれている。
チダイはマダイほどは大きくならないが、その姿形と色合いの美しさはマダイを凌ぐものがあり、祝宴などにはマダイの代わりに饗されることがある。地方名は多く、レンコダイ、チコダイ、ヒメダイ、アカダイ、アブラッコ、オオッパナなどと呼ばれている。なお、キダイも群れで生活し、一度に獲れることからレンコダイと呼ばれることが多い。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.