“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

コブダイ【瘤鯛】生態編

【分類・分布】

タイと名は付くがマダイなどとはまったく別種であり、キュウセン、ササノハベラ、ニシキベラなどと同じベラ科である。
太平洋側は本州以南、日本海側では佐渡島以南、琉球諸島を除く東シナ海、南シナ海、朝鮮半島に分布する。
暖海性の魚なので、黒潮に乗って夏場には北海道南部まで北上することもあるが、回遊性はもたないため、冬の水温低下で死んでしまうことが多い。太平洋側では茨城県以南が主な釣り場となっている。日本海側では、佐渡島北部〜東北エリアには大型が棲息することが知られている。

【形態】

雄は大きなもので1m・15㎏を超え、ベラ科の魚のなかでは最大級。
体色は、茶色や黒、白などが混じった赤褐色で、成魚の雄はその名の通り、目の上の部分が大きくコブ状に突き出している。メスはオスの半分ほどの体長しかなく、コブはない。アゴの形状もオスほどごつくならない。

幼魚のときは成魚と全然違った姿をしており、キュウセンなど一般的なベラによく似た体型で、体色はオレンジ色から赤紫色。背ビレ後端、尻ビレ、尾ビレは黒色、体側に白い線が走っている。成長とともに白線は消滅して体色も赤褐色になり、ヒレの色も体色と同じような色合いに変化する。


目の上から突き出たコブが特徴的。コブの部分は脂肪が多く意外と柔らかい


【生態】

海藻の茂る潮通しのいい岩礁帯に棲息。昼行性で、夜間は岩陰などに潜んでほとんど活動しない。
食性は肉食で、サザエやカキ、カニなどを口内に並んだ大きな歯と強靱な顎の力でかみ砕いて食べる。喉の奥にも咽頭歯を持ち、砕けたエサをさらに細かくして、貝殻や甲羅ごと食べてしまう。
キュウセンなどと同じ「雌性先熟魚」であり、仔魚のときはすべて雌で、そのまま成熟して繁殖行動をした後、雄に性転換する。
体長が50~60㎝に満たない頃はおおむねメスで、それ以上に成長すると次第に額のコブ部が突出し、アゴが発達してきてオスになる。
寿命は約7年とされているが、佐渡島北部のダイビングポイントでは20年以上観察されている個体もおり、生態についてはまだ不明な部分も多い。

【文化・歴史】

特徴的な頭部のコブがそのまま名前の由来であり、英名では「Bulgyhead wrasse」というが、これも「頭の隆起したベラの仲間」という意味で、和名同様の由来である。
釣り人の間では、「カンダイ(寒鯛)」と呼ばれることも多いが、寒くなる頃においしくなるので、その名が付いたとされる。とくにメスに対して呼ばれることが多く、オスをコブダイ、メスをカンダイとして別種に扱われた時代もあった。
そのほかの地方名は、モイオ(北陸地方)、ムクジ(石川県)、モクズ(富山県)、デスコベ(和歌山県)、モブシ(関西地方)、モブセ(広島県)、ノムス(福岡県)など。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.