さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ニジマス【虹鱒】料理編

さっぱりと美味しく、料理方法も多彩に楽しめる!

【おいしさ度】★★★★☆

クセがなく軟らかく食べやすい味。塩焼き、ムニエル、燻製などがポピュラーな食べ方。天然のものは寄生虫のおそれがあるが、管理釣り場などの養殖ものは身の色が美しいサーモンピンクのものも多く、寄生虫の恐れもないので、刺身や寿司などで食べることもできる。

【ムニエル】

ウロコをこすり腹ワタとエラを取ったら、塩コショウを振り、小麦粉をはたいて多めの油で両面を焼き上げる。フライパンに残った汁にバターを足し、スライスアーモンドを焦げないように傷め、塩コショウで味を整えたソースをかける。
醤油、ワインなどその他の味付けのソースでももちろんおいしくいただける(下の写真は、バジルソースをかけたもの)

ニジマスムニエルバジルソース

【香草焼き】

下ごしらえをしたニジマスに塩コショウを振り、エラや腹の中にハーブを詰め、ハーブを敷いた鉄板に乗せて、上からもハーブを散らし、オリーブ油をまわしかけてからオーブンで焼き上げる。

【フィッシュ&チップス】

本来は、タラなどで作るイギリスの国民食だが、さっぱりした味わいのニジマスで作ってもおいしい。三枚におろして食べやすく切ったニジマスの身に塩コショウを振り、小麦粉・卵・ビールを混ぜた衣をつけてサクッと揚げたもの。フライドポテトを添えていただこう。

【燻製】

本格的に作るには日数も装置もいろいろ手間がかかるが、こちらは簡単に風味を楽しむ燻製の作り方。
下ごしらえをして塩を振ったニジマスは、水気を拭き取ってから干して表面を乾燥させておく。中華鍋にアルミホイルを敷き、底にスモークチップを入れ、上に置いた網の上にニジマスを載せて、燻す。室内でやると部屋に臭いが付いてしまうので、カセットコンロやバーナーなどを使って屋外でやるのがオススメ。釣り&キャンプの際のお楽しみにも。

【トムヤム風スープ】

タイの名物スープをニジマスで作ってみたレシピ。ニジマスのアラでスープを取り、生姜、タカノツメ、レモングラス、コンソメ、ナンプラーを入れて味付けし、玉ネギ、きのこ類、ニジマスの身を入れて火を通し、パクチー、ネギなどを散らす。
酸っぱ辛さがやみつきになる味わい。

【ちゃんちゃん焼き】

ちゃんちゃん焼きの本場、北海道ではサケやカラフトマスなどで作るのが一般的だが、ニジマスでアレンジ。
ニジマスは頭を落としてワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取る。三枚におろして、腹骨をすき取る。即席味噌汁は日本酒で溶いておく。野菜は食べやすい大きさに切る。ホットプレートを熱して、うすく油を敷いてニジマスと野菜を焼く。火が通ってきたら味噌ダレをまわしかけ、フタをして5分ほど蒸し焼きにする。即席味噌汁は、ダシが入っているので、タレ作りが簡単。タレを自分で作る場合は、味噌、だしの素、日本酒、水を合わせよう。甘めが好みの場合は、みりんを足してもいい。
ニジマスのちゃんちゃん焼き
↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.