“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イワナ【岩魚】料理編

塩焼きをはじめとして、淡水魚の美味しさを堪能しよう!

【おいしさ度】★★★★☆

見た目に似合わず、驚くほど上品で美味。塩焼きをはじめとして、フライ、香草焼き、煮付け、燻製などで味わってみよう。

【塩焼き】

代表的なイワナ料理といえば、やはり塩焼き。ことに焚き火で塩焼きにするのは最高。竹串にイワナをくねらすようにして刺し、塩を振り、尾やヒレには焦げ防止にたっぷりとまぶしつけてから焼く。焚き火の状態は、火がガンガン燃えている時ではなく、熾火になった状態で、じっくり焼くのがコツだ。
塩をふらずに素焼きにしたもの、または塩焼きの身を食べてしまった後の骨を温めた日本酒に浸した骨酒も極上の味わいだ。

【刺身】

現流域の清冽な水で育ったイワナは刺身でも味わってみたい。臭みもなく濃厚なウマミを堪能できる。ただし河川によっては寄生虫の可能性もあるので、自己責任で味わおう。
イワナはなるべく料理する直前まで活かしておき、三枚におろした後、皮を引き、そぎ切りにして盛りつける。釣り場にはえているフキや野の花をあしらえば、釣り人ならではの逸品が完成だ。

【燻製】

たくさん釣れた時、単なる塩焼きに飽きたときなどは燻製もオススメ。はらわたを取り、血合いを洗ってから塩を振り、半日ほど風乾する。スモーカーにイワナを吊るし、スモークチップで30〜1時間ほど燻す。
本格的に作る場合は、ソミュール液(水、塩、砂糖、粒コショウ、ローリエなど好みのスパイスをあわせて作る燻製用の漬け液)に漬けてから風乾し、燻す。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.