さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ブラックバス【黒鱒】釣魚料理編

ブラックバスは皮がやや臭いが、身は意外な美味しさ!

 

【おいしさ度】★★★☆☆

バスフィッシングを楽しむ人でも、持ち帰って食べる人が少ないが、淡泊な白身でおいしい。
敬遠される理由としては、ルアーではキャッチ&リリースが推奨されることと、ブラックバスの皮が臭いことが挙げられる。生体移動が禁じられているため、泥抜きができないので、皮は剥いで料理するのがオススメだ。
原産地のアメリカでは、揚げ物、バター焼きなどで食べられることが多く、琵琶湖などでは、天丼などにして提供している料理店もある。

【フライ】

揚げ物はブラックバス料理の定番。三枚におろし、腹骨をすき、皮を引いて食べやすい大きさに切った身に、塩コショウを振り、小麦粉・溶き卵・パン粉を付けて揚げる。臭いが気になる時は、身を牛乳にしばらく浸しておくと良い。パン粉をコーンミールに変えたり、片栗粉のみのフライにしたり、フリッターにしても美味しい。

【ムニエル】

バターやニンニクなどをきかせてソテーにするのもオススメ。食べやすく切り、塩コショウを振ってしばらく置いてから、小麦粉を薄くはたいて油を多めに敷いたフライパンで焼く。残ったフライパンにバタ−、酒、みじん切りニンニク、醤油を入れてひと煮立ちさせ、ソテーしたブラックバスにかけていただく。

【シシカバブ風】

おろしてミンチ状にしたブラックバスの身に、刻み玉ネギ、塩コショウ、好みのスパイス(ガラムマサラ、クミン、パプリカなど)を入れてよくこね、串にまとめて焼く。好みでチリソースやくし切りにしたレモンを添えていただこう。スパイスをきかせることで、臭みはまったく気にならないはず。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.