さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ヒガイ【鰉】料理編

淡泊な白身で美味。塩焼き、唐揚げなどで

【おいしさ度】★★★☆☆

冬から早春が旬とされ、さっぱりとした白身で、塩焼き、唐揚げ、南蛮漬け、フライなどでおいしい。醤油のつけ焼き、甘露煮などもいける。ウロコや骨が硬いので、大型のものは三枚におろしたほうがいいだろう。
琵琶湖周辺では、ヒガイをはじめとする淡水魚の料理を食べさせてくれる料亭や旅館などがあるので、味わってみるのも良い。

【揚げ甘露煮】

琵琶湖畔の旅館で出しているヒガイの甘露煮。一度唐揚げにしたものを煮てある。

【つけ焼き】

ヒガイはウロコ、ワタを取り、洗って水気を拭き取り、踊り串をうって、遠火の強火でこんがり焼く。串からはずして、熱いうちに醤油をつけていただく。単なる塩焼きもおいしいが、焼きジューの香ばしい醤油味も捨て難い。
ヒガイのつけ焼き
↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.