さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

テナガエビ【手長蝦】釣魚料理編

殻は香ばしく身は甘く美味なテナガエビ。火を通すと鮮やかな赤い色に。

 

【おいしさ度】★★★★☆

小型のエビなので、殻ごと食べることができるため、丸ごと唐揚げにしたり、塩を振って鬼殻焼きにしたりするのが一般的。塩ゆで、チリソース炒め、パエリアなどで美味。
釣ったらブクで活かしたまま持ち帰り、水を替えながら泥を抜くとさらにおいしくいただける。また、寄生虫の恐れもあるので、生食はせず加熱していただこう。

【唐揚げ】

定番といえば、やはり唐揚げ。洗って水気を拭き取ってから中温程度の油でカラリと揚げる。パラパラと塩をふり、レモンやスダチなどを搾って熱々のところをいただきたい。

【鬼殻焼き】

型の良いものは、そのまま塩を振って焼くのも簡単でおいしい。頭や殻もそのままいただける。

【エビせん】

子どもが喜ぶこと間違いなしのエビせん。片栗粉、ダシの素、塩を混ぜて生地を作り、エビは縦に割っておく。フライパンに丸く生地を流し、エビをのせたら一度引っ繰り返し、木の蓋、小さなフライパン、親子丼用鍋などで上から強く押さえつける。さらに両面がパリッとなるまで焼き上げる。

【揚げせんべい】

カルシウム補給のおやつに、ビールのおつまみにも最適な一品。小麦粉と片栗粉を1:1で混ぜ、ベーキングパウダー、塩、こしょう、刻んだテナガエビを入れて耳たぶ程度の硬さにこね、棒状に切って揚げる。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.