さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

オイカワ【追河】料理編

川魚を食べる人が少ないのが残念なほどの美味しさ!

【おいしさ度】★★★★☆

旬は脂がのる冬といわれているが、初夏の頃のオイカワも美味しい。イワシヤマベと呼ばれる大型のオイカワは、海水魚にも負けない美味しさだ。

【塩焼き】

大型のものなら塩焼きがジューシーでオススメ。鮮度が落ちやすいので、釣ったその場で焚き火をして塩焼きでいただくのが最高。
ウロコと内臓を除いて塩を振ったオイカワを串に刺し、熾火になったところで焼き上げよう。脂がジュージューしたたる熱々をいただこう。

【唐揚げ】

小型のものは丸ごと食べられる唐揚げが簡単で美味しい。ウロコと内臓を除き、塩、片栗粉を振って、カラリと揚げる。

【マリネ】

たくさん釣れたときなどは、唐揚げにするついでにマリネを作っておくと、保存もきくし骨まで軟らかくなって食べやすくなる。
オイカワは唐揚げの要領で揚げ、揚げたそばからマリネ液(酢、塩コショウ、サラダ油、好みで赤トウガラシなど)に漬け混む。玉ネギ、ニンジンなど好みの野菜の千切りも一緒に漬けこもう。

【甘露煮】

内臓を出してから弱火で素焼きにし、さらによく干しておくと煮崩れしにくく臭みがない甘露煮に仕上がる。鍋に魚を並べて番茶を入れ、軟らかくなるまで煮てから、醤油、ミリン、砂糖、酒を入れる。煮汁が煮詰まり、とろいとなるまで焦げないように気長に煮る。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.