“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ブルーギル 釣りの仕掛け編

ブラックバスと並ぶ外来魚の代表。

【釣りやすさ】★★★★

【釣り場とシーズン】

特定外来生物として防除や駆除がされている一方で、一年中釣ることができ、ウキ釣りなどで手軽に楽しむことができるため、ファミリーフィッシングなどにも適している。

 

 


河川、野池などあらゆる淡水域で見られるブルーギル。写真のようなダム湖などにも棲息している

【ルアー釣り】

ロッドはバスロッドや管理釣り場用のエリアロッドなどが扱いやすい。仕掛け小型のワーム+ジグヘッドが釣りやすく、ヒット率も高い。リグが軽いので、ラインは3〜4ポンドのナイロン直結が使いやすい。活性が高い時や型が大きい場合は、プラグやバイブレーションなどハードルアー系でも釣れる。

【フライ釣り】

フライのチョイスは、水面を狙う場合は#12〜16のドライフライや#8〜12のポッパーなどを使うといいだろう。魚が見えている状況なら、その鼻先にフライをキャストできれば、着水の瞬間にアタックしてくることも多い。活性が低いようなら、小型のニンフやウエットフライなど沈むタイプを使い、少しずつリトリーブして誘ってみるのが効果的。

【ウキ釣り】

ノーマルなウキ釣り仕掛け+エサなら、誰でも簡単に楽しめる。竿や仕掛けは、マブナやオイカワを釣るものが流用できる。ウキは玉ウキでもトウガラシでもハエウキでもどれでも可。ハリはポピュラーな袖バリのほか、ハリ外しがしやすいスレバリも便利だ。
エサは、キヂ、サシ、アカムシ、ヘラブナ用練りエサなどのほか、ソーセージ、カマボコなども使える。

【テンカラ釣り】

フライフィッシングよりシンプルに楽しめるのがテンカラ釣り。最初はキャストが難しいかもしれないが、テンカラ用のラインはそれ自体に重さがあるので、軽量の毛バリを飛ばすことができる。テンカラの入門としてブルーギル相手に練習をするくらいの気分で試してみよう。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.