“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヒメマス【姫鱒】釣りの仕掛け編

美しい魚体と食味が魅力の冷水性の魚。

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

小さなエサを好むことからエサ釣りが一般的だが、トローリング、ルアー、フライなどでも狙える。
ヒメマスは、各漁協により、禁漁期・遊漁期、持ち帰り可能なサイズ、匹数などが決められているので、事前に確認のうえ釣行しよう。

 

 


阿寒湖から最初にヒメマスが移入された支笏湖。水深があり透明度が高く、ヒメマスの棲息に適している

 

【サビキ釣り】

富士五湖などではサビキ釣りがポピュラー。主に小型狙いになるが、数釣りが楽しめるのが魅力。竿は食い込みの良いシロギス竿や軟らかいルアーロッドがオススメ。ラインは感度に優れたPEラインがアタリがとりやすい。マーカー付きのラインを使うと、釣れたタナがわかりやすい。仕掛けは、ワカサギ用、またはアジ用のサビキを使用する。
ヒメマスが回遊しているタナを見つけることが釣果を伸ばすコツなので、竿を複数出して、違ったタナを探るのも手。ただし、遊漁規則で使用出来る竿の本数が決められている場合もあるので、あらかじめ確認のこと。

【ヒメトロ仕掛け】

中禅寺湖が発祥といわれる「ヒメマスのレイクトローリング」、略して「ヒメトロ」。仕掛けを流しながらボートをゆっくりススメ、深場を回遊するヒメマスを狙う。
竿はトローリング用がベストだが、ルアーロッド、船竿などでも代用可。シンカー、「ペラ」と呼ばれる集魚板、先端にはタコベイトやルアーを付けるのが基本。地域やショップによりオリジナリティのある仕掛けも多く、ペラの形状や素材、「ドジャー」と呼ばれるペラとは違った集魚板を加えるなど、さまざまなバラエティがある。
釣り方は、ボートから仕掛けを落とし、タナに合うようにラインを出し、人が歩く程度のスピードで流すのが基本。釣れているタナやポイントは、釣具店やボート店などで最新の情報を入手しよう。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.