さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ウグイ【石斑魚】釣りの仕掛け編

意外に強烈な引きが楽しめる清流の好ファイター

【釣りやすさ】★★★★
【釣り場とシーズン】

ウグイは周年狙え、誰でも気軽に釣ることが可能な魚。釣り方もさまざまだ。
渓流域から中、下流まで幅広いエリアに棲息しているので、釣り場の状況に応じて、上流ではミャク釣りや蚊バリ釣り、下流ではウキ釣りや投げ釣りなどが楽しまれている。


都市河川でも釣ることができるウグイ。親子で親しむにも最適の魚だ

【ウキ釣り】

中小型のウグイ狙いで、季節を問わず楽しめるのがウキ釣り。
ウキはアタリが目で確認しやすい細身のハエウキがオススメだが、流速のある瀬では玉ウキのほうが使いやすい。
ハリは魚のサイズにあわせて袖か秋田狐の3〜4号を使い分ける。ハリスはウグイがエサを吸い込みやすいように細めのものを長くセットする。付けエサは川虫、サシ、練りエサなどを使用。炒りヌカなどをベースにした撒き餌をきかせると、活性があがって釣りやすくなる。

【ミャク釣り】

水深の変化に富んだトロ場のカケアガリやトロ瀬の尻などを的確にトレースするにはミャク釣りがオススメ。
竿は釣り場により5.3〜6.3m程の長さを使い分ける。仕掛けはミチイト一本通しで使い、ハリは大型を想定してヤマメ5号以上が基本。
エサはクロカワムシのほか、ブドウムシやミミズ、時にはソーセージやレバーなども使われる。
大型ほどアタリは小さいが、「ハヤのひとのし」と形容される強烈だ。

【ぶっこみ釣り】

大場所や深みに潜む大型は、ぶっこみ釣りで狙うのもいいだろう。仕掛けはコイ釣り用の吸い込み釣り用を流用する人が多い。エサもコイ用の練りエサを使うのが遠投もしやすく、集魚力も高い。場所によっては、数本の竿を使って並べ釣りで楽しむのもいいだろう。

【ルアー釣り】

ウグイはミノーやスプーンなどでも釣れるが、さらに確実に狙うなら、海のメバル用のワームが手堅い。サイズは2インチ程度、ジグヘッドもメバル用の1〜2gが使いやすい。ロッドもメバル用が快適。軟らかめのバスロッドでもいい。
リグが軽いので、ラインは3〜4ポンドのナイロンがオススメだ。大型はヤマメやイワナに匹敵するファイトが楽しめるため、渓流の禁漁期に狙うアングラーも少なくない。

【蚊バリ釣り】

初夏から秋は、大型が瀬に入ってくるため、蚊バリで狙ってみるのもいい。オイカワ用として販売されているものがそのまま流用できる。蚊バリの種類は、オイカワ釣りで定番の菊水、清姫といった種類のほか、ウグイ専用のカラス、血丸などもある。ハリは同系色で揃えず、配色を散らしたほうが効果的。

【フライ釣り】

ウグイは上記の蚊バリのほかフライフィッシングにも反応が良い。フライのサイズは#14〜16程度。パターンはあまり選ばないターゲットなので、好きなフライを試してみよう。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.