“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヤマメ【山女魚】釣りの仕掛け編

エサ釣り、ルアー、フライどれも人気の渓流の女王

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

釣り対象の淡水魚のなかでも人気はトップクラス。釣り方もさまざまなバリエーションがある。イワナよりもさらに警戒心が強いので、ポイントへ近づく際も、釣りの最中もできるだけ静かに行動したい。

釣り期は、おおむね3月(場所によっては2月)から9月末までのことが多く、それ以外は禁漁になっているところが多い。河川ごとに遊漁規則やポイントによって解禁期間が違うこともあるので、釣行の際にはあらかじめ行く先の情報を調べたり、現地の入漁券販売所などの指示に従って釣行しよう。

 


山奥の渓流域にも棲息するが、開けた里川や清流エリアでの釣りが人気。

【ミャク釣り】

渓流のヤマメは、シンプルなミャク釣りがお勧め。地形や水流が複雑でも、オモリの重さや位置を調整して、エサの流れをコントロールできる。竿は渓流竿を使用、川の規模にあわせて5〜6m前後のものを使い分ける。仕掛けは基本ミチイト1本通しで、途中にアタリをとるための目印を結び、オモリをセットする。エサはヒラタなど川虫が万能で、濁りが入った時はミミズも有効。
岩陰や流れの落ち込みなどに仕掛けを投入し、エサが自然に漂うように流す。目印が不自然な動きをしたら、アワセを入れて抜きあげる。

【ゼロ釣法】

渓流釣りの名手・伊藤稔氏が提唱した「ゼロ釣法」は、0.1号前後の極細ラインを使うことで、ナチュラルドリフトを実現し、スレたヤマメでも釣ることができる究極の釣法だ。竿はできれば専用の軟調なものを用意し、水中イトはナイロンかフロロの0.08〜0.1号が基本。ハリは軽量で吸い込みが良い専用のハリがベスト。細いラインを使っているため、各部の結びはしっかりと行い、釣りの最中にもラインのチェックをマメに行うことが大切だ。

【本流釣り】

本流の大型ヤマメを狙う釣り方。竿は8〜9mの本流竿を使用。ミチイトはミャク釣りと同様、竿からハリまで1本のミチイトを使う。0.5〜0.8号が基本だが、1号以上を使う人もいる。天井部分にはヨリを入れる。付けエサはアピールしやすいキジやドバミミズ、クロカワムシなど。
大型ほど底層に定位していることが多いので、エサが底層を自然に流れるように操作し、ヤマメが潜んでいそうなポイントでは誘いをかけるのも手だ。

【ルアー釣り】

ヤマメはルアーのターゲットとしても人気。渓流なら渓流用5〜6フィートのトラウトロッド、本流なら6〜8フィートのルアーロッドを使用。ラインは3ポンドを基本に、本流では4〜6ポンドを使用しても良い。ルアーは、スプーン、スピナー、ミノーなどを使用する。
堰堤下や瀬の落ち込みなどを狙ってキャストし、基本はスローのタダ巻きでリトリーブ。活性によってはミノーをトゥイッチングさせるなど、誘いが有効なこともある。

【フライ釣り】

ヤマメが水面を流れる羽虫などを捕食している時は、フライフィッシングが有利。タックルは2〜4番程度のロッドと、フローティングラインの組み合わせが基本。フライはニンフ、ウエットのほか、夏場には手テレストリアルパターンも有効。
ナチュラルドリフトで流すのが基本で、瀬や落ち込みといった定番ポイントのほか、水深が浅いチャラ瀬なども穴場。ヤマメが飛びついてきたら確実にアワセていこう。

【テンカラ釣り】

毛バリを使った日本の伝統釣法。専用の竿とラインに、毛バリをセットしたリーダーを結節する。毛バリはキジの剣羽根を使ったものが有名だが、最近ではさまざまな毛バリが市販されている。
軽量の毛バリをキャストするのはある程度練習が必要だが、テンカラ竿は独特な張りとしなりがあり、専用のラインも自重があるので、その重さを利用して毛バリを飛ばす。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.