“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

テナガエビ【手長蝦】釣りの仕掛け編

都市近郊の河川で釣れるユニークターゲット

【釣りやすさ】★★★★
【釣り場とシーズン】

テナガエビは、都市近郊の身近なフィールドで釣れるし、おいしいので、近年人気のターゲットだ。

比較的流れの緩やかな河川や湖沼に棲息し、消波ブロックや捨て石、杭、水草など障害物に隠れていることが多いので、そういった場所がポイント。また、生態のページで説明したように、夜行性なので晴れよりは曇りの日、または朝夕のまづめ時によく釣れる。潮の干満を受けるようなポイントでは、潮位によってポイントが変化し、立ち位置まで満ちてくることもあるので、タイドグラフなどで干満をチェックしておきたい。
仕掛けとしては、ノベ竿を使ったウキ釣りで狙うのが一般的だ。

 


消波ブロックの周りは、テナガエビが隠れやすいので狙い目だ

【ウキ釣り】

通常の釣り場では、玉ウキを使ったシンプルな仕掛けで。竿は穂先の軟らかい小物竿を使用する。テナガエビは水底のエサを探しているので、仕掛けがゆっくり沈んでオモリが着邸するようにウキの浮力やウキ下を調節する。ハリはエビの口に合わせて極小タイプを使用し、ハリスは根掛かり防止のため、短めにする。
エサには短くカットしたキヂ、アカムシ、サシなどを使用する。テナガエビはエサを鋏脚でつかんで、自分の巣に持ち帰って食べようとするため、アタリはその動きが現れるが、その時点でアワセずに、確実に食わせてからゆっくりと併せるのがコツ。

【テンビン仕掛け】

仕掛けの十字テンビンは、オモリ兼用でハリをセットするアームが両側に出ているのが特徴。障害物まわりに棲息するため、どうしても根掛かりが多発しやすいが、アームが支えになって、エビがエサを巣穴に持ち込めない仕組みになっている。ハリスはテンビンのアームより短めにしてイト絡みを防ぐのがコツだ。ウキはテンビンの脚が水底に立った状態になるように調節する。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.