さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

モツゴ【持子】釣りの仕掛け編

クチボソの愛称でおなじみ小物釣りのゲスト

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】


マブナタナゴ釣りの外道扱いだったが、近年では専門に狙う釣り人も増えている。とくに体長3cmほどの小型は口も小さく、ハリ掛かりさせにくく、逆にベテラン釣り師などに人気となっている。
釣り方はウキ釣りが基本で、タナゴ用のものを流用できる。タナゴ用のトンボ仕掛けやプロペラ仕掛けを使う人もいる。


用水路や溜池、河川の下流など緩流エリアを好む。写真のような水草が豊富な場所はとくにオススメ

【ウキ釣り】

タナゴ釣り用のイトウキを使った仕掛けが、小さなアタリを取りやすくお勧め。イラストは、ホソなどの小場所で小型のモツゴを釣るための一例。ハリも極小のタナゴバリを使い、口の小さなモツゴでもハリ掛かりさせることができる。
エサはグルテンをケシ粒〜米粒大にしたものを使う。活性が高い時には、アカムシを使うのも手だ。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.