“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ブルックトラウト 釣りの仕掛け編

カワマスと称されるイワナの仲間。ゲームフィッシングの好対象魚

【釣りやすさ】★★☆☆

【釣り場とシーズン】

自然繁殖しているブルックトラウトを釣ることができる川は、生態編で解説したように非常に限られているが、管理釣り場で放流されているところも多い。
ルアーやフライで狙うことが多い。

 

 

 


写真は日光の湯川。最初にブルックトラウトが移入された場所であり、数少ない自然繁殖している川

【ルアー釣り】

トラウト用の5〜6フィート程度のライトタックルとスピニングリール、小型のルアーの組み合わせが定番。ルアーは3〜8gのスプーンや5cm程度のミノーなど。活性が低い時には管理釣り場用の1g程度のマイクロルアーが良い場合もある。
倒木の陰、ブッシュのエグレなどブルックトラウトが潜んでいそうなポイントを狙って攻めてみよう。

【フライ釣り】

タックルは2〜4番ロッドとフローティングラインの組み合わせ。フライはニンフやウエットのほか、まづめ時などはドライフライも楽しい。
川によっては倒木が多かったり、バックスペースが確保しにくかったりするので、キャスト時には周囲へ細心の注意を払いたい。警戒心が強い魚なので、ウエーディングは静かに行おう。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.