“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

バラタナゴ【薔薇鱮】釣りの仕掛け編

釣趣満点の世界最小ターゲットとして人気のタナゴ釣り!

【釣りやすさ】★★☆☆
【釣り場とシーズン】

生態のページで説明しているように、タイリクバラタナゴは移入された魚で、ニッポンバラタナゴへの影響も懸念されるため、要注意外来生物的な存在ではあるが、タナゴ釣りにおいては、人気ターゲットとなっている。
極小の魚を釣り上げるために、繊細な仕掛けとテクニックが必要で、その釣趣に魅了される人も多い。エサはグルテン、オカユ練り、タマムシ、大型や高活性時にはアカムシもオススメ。 アタリの出やすいタナを順次探り、時には誘いを入れて付けエサをアピールするとよい。

 


流れの緩やか、または止水を好むバラタナゴは、写真のような細流は好釣り場だ


船溜まりも人気の釣り場。写真は茨城県の北浦

【シモリ仕掛け】

小型のバラタナゴを狙う場合、タナゴウキとイトウキを組み合わせたシモリ仕掛けが基本。イトウキはミチイトにセットされたものが市販されているが、蛍光塗料などを塗り重ねて自作することもできる。
浮力の調整は、水面直下で定位させるゼロバランスが基本だが、ゆっくりと沈下させる調整方法もある。

【立ちウキ仕掛け】

活性が高い場合や型が大きい場合、多少の流れがある場所で釣る場合、風がある場合、ボサまわりを狙う場合などでは、立ちウキ仕掛けも使いやすい。
仕掛けの調整は、ウキのトップが水面にギリギリ浮くようにするのが基本。

【プロペラ仕掛け】

トンボ仕掛けからヒントを得たプロペラ仕掛けも楽しい。プロペラはプラスチックやバルサ板などをプロペラ状に加工したものをミチイトにセットする。仕掛けの構成にはさまざまなバリエーションがあり、市販品もあるが、自作して楽しんでいる人も多い。

【トンボ仕掛け】

ウキのかわりに「トンボ」と呼ばれる目印をミチイトにセットした仕掛けで釣る方法。タナゴがエサを口にするとトンボが回転してアタリを知らせてくれるユニークな仕掛けだ。仕掛けは1秒間で3〜5cm沈むようにオモリを調節する。仕掛けが落ちていく途中や誘いをかけた時に、トンボやウキの変化でアタリを取っていくのが基本だ。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.